読売新聞のパノラマ印刷をイベントのPRや記念品、思い出グッズに活用しませんか?

Sponsored by プリントメディア西部 PR

 プリントメディア西部は、九州・山口で購読される「読売新聞」の印刷を中心に、 さまざまな新聞媒体の発行を支えている会社です。本社がある鳥栖工場(佐賀県鳥栖市)には西日本で唯一、新聞4面(表裏8ページ)分を連ねた迫力ある「パノラマ紙面」を実現する高性能印刷機を備えています。



パノラマのインパクト大!


 新聞4部を並べたのと同じサイズのプリントができるパノラマ印刷。紙面を広げると約160センチと、日本人女性の平均身長とほぼ同じ長さになります。ワイドなサイズで、原寸大、等身大といった印刷が可能になり、デザインの自由度も高まります。



 見る人に強いインパクトを与えるレイアウトは、商業施設オープン、大型イベント告知など、さまざまなシーンで広告・販促ツールとして活用されています。


毛利博物館の特別展にあわせて同館所蔵の国宝「四季山水図」(部分)を再現したパノラマ紙面


プリントメディア西部の鳥栖工場で印刷されたばかりの紙面

 さらに最近は、自治体や企業の節目の記念、地域イベントやコンサートなどの思い出に持ち帰るグッズとして、パノラマ印刷が注目される機会が増えています。価値観の多様化とともに、その用途は広がっています。

 このパノラマ印刷は4面連続のほかにも、3面(表裏6ページ)で展開するタイプにも対応できます。


ひぐちグループ(長崎市)の創業70周年特集

裏面では会社発展の歩みを紹介した


お問い合わせはこちらへ! 
 パノラマ印刷に関するお問い合わせは、読売新聞西部本社 事業推進室企画共創部へメール、電話(092-715-4354)でお寄せください。
 印刷の仕様はもちろん、エリアや部数など、さまざまな相談に応じます。新聞と一緒に配るだけでなく、イベント会場での使用・販売など幅広いニーズにきめ細かく対応いたします。


プリントメディア西部って?


本社・鳥栖工場

 プリントメディア西部は、読売新聞が九州・山口エリアで発行する朝・夕刊の印刷を担い、英字紙「The Japan News」、子ども向けの「読売KODOMO新聞」のほか、「スポーツ報知」なども手がけています。


北九州工場


 九州の交通の要所である佐賀県鳥栖市の本社・鳥栖工場に加え、北九州市小倉南区に北九州工場と、 2か所に大型拠点を置き、最新の設備で読者のみなさまに美しく正確な紙面を速やかに届けられるよう努めています。



この記事をシェアする