レディースオールスター@ボートレース芦屋(~2/28) 福岡県出身3選手の素顔に迫る

Sponsored by ボートレース芦屋 PR

 ボートレース芦屋(福岡県芦屋町)で2月23~28日、ファン投票で選ばれた女性たちによる「GⅡ第5回レディースオールスター」が開催されます。活躍が注目される福岡県出身の竹井奈美選手、小野生奈選手、大山千広選手に話を聞きました。

竹井奈美選手

芦屋は思い入れのある場所!


――ボートレーサーになったきっかけは?

 父が昔からボートレースが好きで、小さい頃から一緒に見に行ってました。そこで、エンジン音や迫力がすごくて、そのかっこよさにひかれました。中学校の頃にはレーサーになりたいという夢を持っていました。

――中学、高校では部活をしてましたか?

 バスケットボールをしていました。ポジションはポイントガードでした。司令塔みたいな役割で、パスを回さないといけないから視野を広くしないといけません。その経験が生きているかは分からないですが、視野を広くしないといけないのはレースも似ていますね。


――レースで落ち込んだときのメンタルの切り替えが難しいと思いますか?

 最初は難しかったです。次の日まで響いたり、宿舎で寝られなかったりして、次の結果を出すまではけっこうしんどかったです。でも、次にまた勝てたらそれが薄れていく。その繰り返しですね。今は、敗因も自分で分かるし、切り替えもできるようになったと思います。

――オフの日はどう過ごしている?

 今は新型コロナウイルスであまり行けていないですが、旅行が好きです。今まで行った中では、南太平洋のニューカレドニアが一番良かったです。とにかく海がきれいで感動しました。現地の方の人柄も優しくて、おすすめの場所です。

――最近の気分転換は?

 この前、久しぶりにバスケをしました。久しぶりに汗だくになって走り回って、普段使わない筋肉も使って倒れそうになりました。翌日は全身筋肉痛でしたけど、良いリフレッシュになって、またしたいです。


お気に入りの温泉を見つけました

――11月に男性レーサーと入籍されました。

 家ではあまりレースの話はしないですね。お互いへこむので(笑)。2人ともレースで行ったり来たりですが、それは分かってましたし、もう慣れました。会えるときにおいしいもの食べて、思い出を作ってという感じです。

――芦屋の印象は?

 街はのどかで、景色がきれいです。ボートレース芦屋は水面が見やすいし、開放感があって良いです。練習もたくさんさせてもらったので、思い入れはすごくあります。


この記事をシェアする