映画「マスカレード・ナイト」 福岡限定CMで博多華丸さん「私も出るんです」

Sponsored by 東宝 PR

©2021東野圭吾/集英社・映画「マスカレード・ナイト」製作委員会

 9月17日に公開が始まった映画『マスカレード・ナイト』。東野圭吾が描く「マスカレード」シリーズの第1作『マスカレード・ホテル』の実写映画化から2年、"水と油"のバディが再び難事件に挑みます。

 破天荒な刑事・新田浩介を演じるのは、木村拓哉。そして新田の相棒となる真面目過ぎるホテルマン・山岸尚美を演じるのは、長澤まさみ。
 さらに、本作のキーマンとも言える宿泊客・浦辺幹夫を福岡出身の博多華丸が演じました。博多華丸は地元・福岡の限定CMで、作品の見どころを解説⁉しています。


ストーリー
 ある日、警察に届いた匿名の密告状。それは、数日前に都内マンションの一室で起きた不可解な殺人事件の犯人が、12月31日にホテル・コルテシア東京で開催される年越しカウントダウン・パーティー、通称「マスカレード・ナイト」に現れる、というものだった。
 大晦日当日、捜査本部に呼び出された警視庁捜査一課の破天荒な刑事・新田浩介(木村拓哉)は、かつての事件同様、潜入捜査のためホテルのフロントクラークとして働くハメに。優秀だがいささか真面目過ぎるホテルマン・山岸尚美(長澤まさみ)と事件解決にあたるが、パーティーへの参加者は500名、全員仮装し、その素顔を仮面で隠している。次から次へと正体不明の怪しい人間がホテルを訪れる状況に、二人はわずかな手がかりすら掴めずにいた…
 刻一刻と迫り来るタイムリミット。増え続ける容疑者。犯人の狙いは?密告者とは?残されたわずかな時間で、新田と山岸は顔も姿もわからない殺人犯の「仮面」に隠された「真実」に辿り着くことができるのか?

作品公式サイト:マスカレード・ナイト


この記事をシェアする