「没後35年 鴨居玲展 静止した刻」 久留米市美術館で

Sponsored by 読売新聞西部本社事業部 PR

「1982年 私」(1982年 石川県立美術館蔵)

 洋画家、鴨居玲(かもい・れい)(1928~85年)の創作の軌跡をたどる「没後35年 鴨居玲展 静止した刻(とき)」が9月12日(土)~12月6日(日)、福岡県の久留米市美術館で開かれる。初期から晩年まで年代順に、「1982年 私」といった代表作をはじめとする油彩画やパステル画などを紹介。遺品を含む約100点を展示する。

初期から晩年まで100点を展示

 金沢市に生まれた鴨居は、金沢美術工芸専門学校(現・金沢美術工芸大)で学んだ後、1969年に安井賞を受賞し、一躍脚光を浴びた。後に制作拠点をフランスやスペインに移し、老人や酔っ払いに自身の姿を重ねる、独自のスタイルを確立。人間の弱さや醜さから目を背けず、確かなデッサン力で人間の内面を描き続けた。


「静止した刻」 (1968年 東京国立近代美術館蔵)

 安井賞受賞作の「静止した刻」に描かれているのは、タイトル通り、賭場でサイコロが振られたその瞬間に、時間を止めたかのような場面。人物の手の豊かな表現や独特な空間の配置などに、鴨居作品の特徴がすでに表れている。


「出を待つ(道化師)」 (1984年 個人蔵)


 鴨居は道化師やくたびれた兵隊に自己を投影させた人物像だけでなく、自画像そのものも晩年まで多く手がけた。絶筆も自画像で、会場で見ることができる。学生時代に描いた「夜(自画像)」は、展覧会の図録でも紹介されているように、久留米市ゆかりの洋画家、青木繁の自画像をほうふつさせる。晩年の1983年に鴨居自身が記した代表作4点の中に、初期のこの作品が挙げられていることも興味深い。

 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、入館時にマスクの着用、手指の消毒、検温、連絡先記入の協力を呼びかけている。問い合わせは久留米市美術館(0942-39-1131)へ。


イベント名 没後35年 鴨居玲展 静止した刻
開催日 2020年9月12日(土)~12月6日(日)
※9月21日、11月23日を除く月曜休館
開催場所 久留米市美術館(福岡県久留米市野中町1015)
開催時間 10:00~17:00 (入館は16:30まで)
料金 一般:1000円/65歳以上:700円/大学生:500円/高校生以下:無料
※15人以上の団体は各200円引き
※11月3日の文化の日、11月19日の開館記念日は入館無料
公式サイト 没後35年 鴨居玲展 静止した刻

この記事をシェアする