沿線の歴史と自然にふれる鉄印帳の旅 平成筑豊鉄道・甘木鉄道編

Sponsored by 読売旅行 PR

好評で表紙が5色に増えた鉄印帳

 列車に乗った記念に「鉄印」を記帳してもらう「鉄印帳」。冊子を取り扱う全国40社の地方鉄道では、入荷分がすぐに売り切れる人気ぶりです。鉄印帳は寺社の参拝で使うご朱印帳の鉄道版で、鉄印のデザインは各社が趣向を凝らしています。福岡県内で扱っている平成筑豊鉄道(福智町)と甘木鉄道(朝倉市)を紹介します。

読売旅行「鉄印帳の旅」のツアー検索はこちら

平成筑豊鉄道

 平成筑豊鉄道は伊田線(直方―田川伊田駅間16.1キロ)、糸田線(金田―田川後藤寺駅間6.8キロ)、田川線(行橋―田川伊田駅間26.3キロ)の3線。計36の駅があり、直方市と行橋市を約1時間半で結びます。

 筑豊炭田で産出される石炭を輸送するため、1893年(明治26年)に筑豊興業鉄道の直方―金田間が開通し、鉄路は延び続けました。後に国有化され、戦後の炭鉱閉山により当初の役割を終えました。


香春岳を望みながら走る平成筑豊鉄道の気動車

平成元年に再出発

 国鉄の分割民営化の際には廃線対象に挙がりましたが、生活の足として存続を求める声が広がり、「平成」に改元された1989年、福岡県や沿線自治体などが出資する第3セクターとして再出発しました。

 2019年には、JR九州の豪華寝台列車「ななつ星in九州」を手がけた水戸岡鋭治さんデザインの観光列車「ことこと列車」が運行を始め、観光路線としても売り出し中です。

 車窓からはこの時期、所々に群生するヒガンバナやコスモスを楽しめます。田川市から香春町にかけては、五木寛之さんの大河小説「青春の門」の舞台になった香春岳の周囲を巡るように走り、雄大な景色を満喫することができます。

明治期の鉄道遺産も

 赤村からみやこ町にかけての山間部の区間には、明治期の鉄道遺産が残っています。レンガ造りの「内田三連橋梁」と、九州最古の鉄道トンネル「石坂トンネル」は、ともに国の登録有形文化財です。


開業時の外観が残る油須原駅。駅舎内にはドラマのロケで使われた大道具も

 赤村にある油須原(ゆすばる)駅の外観は、1895年(明治28年)の開業時のままで、ドラマのロケも行われました。隣の源じいの森駅近くには温泉もあります。


平成筑豊鉄道の鉄印

力強さとかわいらしさを演出

 平成筑豊鉄道の鉄印は、毛筆体で書かれた社名と同社のマスコットキャラクター「ちくまる」を組み合わせたデザイン。美大卒で元美術館学芸員という異色の経歴を持つ運転士、藤本郷さんが手がけた。上司から「達磨(だるま)絵のイメージで」と依頼を受け、試行錯誤の末、このデザインにたどり着いた。「達磨の力強さとキャラのかわいらしさを出したかった」と話す。
 鉄印帳(税込み2200円)と鉄印の記帳(同300円)は、金田駅で平日の午前10時~午後6時半、土日・祝日は隣接する本社で午後3時まで取り扱う。問い合わせは平成筑豊鉄道(0947-22-1000)へ。


甘木鉄道


 甘木鉄道は、基山駅(佐賀県基山町)―甘木駅(朝倉市)間の全線13.7キロに11の駅があり、水田などが広がる筑紫平野を片道約30分かけて走ります。

 前身は1939年(昭和14年)に開通した国鉄甘木線です。東洋一の航空基地とされた旧陸軍大刀洗飛行場に、軍需品や兵員を輸送しました。廃止に伴い、1986年から甘鉄が営業を始めました。

特攻「別離の駅」

 沿線の歴史を伝えるのが、飛行場跡近くの太刀洗駅(筑前町)前にある「太刀洗レトロステーション」です。甘木線開通時の木造平屋駅舎を活用しており、当時の線路地下道も見学できます。筑前町史によると、駅は戦時中、全国から特攻隊員の肉親らが面会や見送りに訪れ、「別離(わかれ)の駅」と呼ばれたそうです。


国鉄甘木線開通当時の駅舎を活用している太刀洗レトロステーション

 近くには筑前町立大刀洗平和記念館もあり、特攻で使われた九七式戦闘機や零式艦上戦闘機(零戦)などを展示しています。

紅葉の城下町

 沿線には散策を楽しめる観光スポットも。甘木駅からバスで約20分、さらに徒歩約10分の秋月城跡(朝倉市)には、江戸時代に建てられたとされる漆黒の「本門(黒門)」(福岡県指定有形文化財)などがあります。城下町は国の重要伝統的建造物群保存地区に選定され、武家屋敷「旧田代家住宅」などが残っています。


秋が深まると紅葉とのコントラストが美しい秋月城跡の黒門

 基山駅から車で10分ほどの大興善寺(基山町)も紅葉の美しさで知られています。


甘木鉄道の鉄印

ゆっくり走るから見える景色

 甘木鉄道の鉄印は、赤いロゴマークと、力強い書体の社名を組み合わせたシンプルなもの。地域を支える「元気な」交通機関を表現しているという。<ゆっくり走るから 見える景色がある>という言葉が添えられ、旅心を誘う。駅員がいるのは甘木駅のみで、運賃支払いは現金または回数券という"アナログ"を逆手にとってPRする。
 鉄印帳(税込み2200円)と鉄印の記帳(同300円)は、甘木駅で月~土曜の午前8時半~午後5時半に対応する。鉄印は和紙に押印されたものを受け取るか、鉄印帳に押してもらうかを選べる。問い合わせは甘木鉄道(0946-23-1111)へ。

読売旅行「鉄印帳の旅」のツアー検索はこちら


この記事をシェアする