毛利家の至宝を厳選「特別展 国宝」 山口・防府で12月21日まで

Sponsored by 読売新聞西部本社事業部 PR

 旧長州藩主・毛利家に伝わる至宝を紹介する「特別展 国宝」が12月21日(月)まで、山口県防府市の毛利博物館で開催されている。

雪舟の水墨画など約30点を紹介

 毛利博物館は、1916年(大正5年)完成の重要文化財・旧毛利家本邸の一部を利用。国宝4件(7点)、重要文化財9件(約9000点)を含む毛利家伝来の美術工芸品や史料約2万点を所蔵している。


「古今和歌集 巻第八(高野切本)」の一部(国宝・巻頭部分)


 今回はそのうち、雪舟による水墨山水画「四季山水図(山水長巻)」、毛利家きっての家宝「菊造腰刀(きくづくりこしがたな)・同拵(こしらえ)」、現存最古の写本とされる高野切本の「古今和歌集 巻第八」(平安時代)(以上、すべて国宝)を含む約30点を展示している。


季節が巡る「四季山水図」

 「四季山水図(山水長巻)」は、1486年に雪舟が数え年67歳で描いた縦約40センチ、全長約16メートルにも及ぶ絵巻。一説では山口の守護大名だった大内政弘に献上したとされ、大内氏の滅亡後に毛利氏の所有となった。今回はすべて広げた状態で展示される。
 雪舟はこの代表作で、四季の微妙な変化を右から左に、春から冬まで描いた。画面上から垂直に下りるように切り立った岩、折れ曲がった木の枝など、雄大な構図で力強く、大胆な筆の運びが特徴だ。


雪舟「四季山水図(山水長巻)」の一部(国宝・秋の場面)

 上の場面は、衣装や樹木に赤や緑、岩肌には青で淡い彩色が施されており、木にある赤い紅葉のような点の表現から秋だと分かる。ぜひ会場で、墨の濃淡による迫力と、淡くきれいな色を実物で感じてほしい。
 中央部に描かれた山あいの村では、市が開かれている。白い旗をさおに掲げた酒屋の前を大勢の人が行き交う。天秤棒(てんびんぼう)の籠を担ぐ行商人や荷物を運ぶロバがおり、酒屋の隣にある岩の前では、あいさつを交わす2人の人物も見られる。正面向きの人には、顔の目や鼻に点が打たれているのが分かる。
 酒屋の左奥の洞窟にも家があって、人が出入りしている。その脇には道があり、奥から上へと長い階段が続く。階段を上る人に下る人も見える。この秋の場面には、実に50人あまりが描かれている。

無限に続く絵巻の風景


雪舟「四季山水図(山水長巻)」 (国宝・巻末の冬の部分)

 一方、絵巻で最もにぎやかな秋の場面と対照的なのは、人ひとりいない巻末の冬景色だ。右側奥の木は葉を落として描き、定規で真っすぐに引いた城壁が続く。家々をその城壁と平行に描いたことで、整然とした印象を与えている。
 絵の具でなく、墨の濃淡で巧みに表現した白い雪山に黒い空の効果もあり、広がるのは静けさや冷たい空気を感じさせる風景。さらに視線を巻末へと移すと、枯れ木の左には緑の松が描かれ、まるで絵巻の冒頭につながるかのよう。絵巻の中の風景は無限にループしていくのだ。

 問い合わせは毛利博物館(0835-22-0001)へ。


イベント名 特別展 国宝
開催日 2020年10月31日(土)~12月21日(月)
開催場所 毛利博物館(山口県防府市多々良1-15-1)
開催時間 9:00~17:00(会期中無休)
観覧料 高校生以上/博物館:1000円 庭園:400円 共通券:1200円
小中学生/博物館:500円 庭園:200円 共通券:600円
※未就学児は無料 ※20人以上の団体は各1割引き
公式サイト 毛利博物館

この記事をシェアする