冬の関門海峡でYouTuberのHIKARIちゃんとアラカブ釣りに挑戦!

Sponsored by 北九州市 PR

記事 INDEX

  • HIKARIちゃんが教える北九州の釣りの楽しみ方
  • 関門海峡でアラカブ釣れまくり
  • 西日本釣り博2020に行こう!!

 西日本最大級の釣りイベント「西日本釣り博2020」が3月7、8日、北九州市小倉北区の西日本総合展示場で開催されます。釣り博開催を記念して、北九州市のフィッシングガイドで人気YouTuberのHIKARIちゃんに、船釣り初心者でも気軽に楽しめる関門海峡名物のアラカブ釣りを紹介してもらいました。

「西日本釣り博2020」は、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の状況を鑑みて、2月22日、開催の中止が発表されました。本PR記事について、この点にご留意をいただいたうえでご覧ください。


 関門の海を案内してくれるHIKARIちゃんです。遊漁船で釣り客のサポートをしたり、釣り専門紙でリポート記事を書いたりする自称「釣りーランス」として活動しています。HIKARIちゃんのインスタグラムYouTubeチャンネルはこちら。

 HIKARIちゃんは釣り歴4年。友人と一緒に出かけたアオリイカ釣りをきっかけに、魅力にはまったといいます。今は遊漁船のお手伝いをしながら、北九州の釣りの魅力を発信中。昨年末には関門で70センチオーバーのタイを釣り上げたそうです。

関門橋の周辺でアラカブ大量ゲットだぜ!

 HIKARIちゃんを乗せた船は関門橋の周辺に到着。生きたエサが苦手な人でも安心。アナゴの切り身をエサに釣り糸を垂らしたその瞬間……


HIKARIちゃんの釣りざおがしなる


この日初のアラカブをゲット!


YouTube用の動画撮影で釣ったアラカブをスマホに向けるHIKARIちゃん。


関門橋の真下で楽しめる体験も魅力のひとつ


あっという間にバケツいっぱい

 潮の流れが速いことで知られる関門海峡ですが、船の上は平穏。この日は風が比較的ありましたが、船が大きく揺れることがないので安心でした。大きく揺れるのはタンカーなどの大型船が近くを通るときくらいですが、そんな体験ができるのも関門釣りの魅力のひとつ。

「関門の釣りは初心者でも大満足できます」

 魚の食いつきがよく、初心者でも簡単に釣れるのが北九州の海の魅力。船釣り未経験のライターがHIKARIちゃんの釣りざおをちょっとだけ使わせてもらったところ、糸を数回垂らしただけでアラカブをつり上げました。初心者にも懐深く接してくれるのが北九州の海。


 

たくさん釣れると楽しいですよね。私も船酔いするタイプなので、関門海峡だと船も揺れなくて安心です。沖まで出ないので昼過ぎには陸に戻れますし、気軽なレジャーとして最適です!

 そして、関門海峡の魚はアラカブだけじゃない。この日はあっと驚く大物も釣れました。続きは【記事後半】。でもその前に。

いったん「西日本釣り博」のCMです

「西日本釣り博2020」は、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の状況を鑑みて、2月22日、開催の中止が発表されました。本PR記事について、この点にご留意をいただいたうえでご覧ください。


 西日本最大級の釣りイベント「西日本釣り博2020」(主催・西日本釣り博2020実行委員会)が3月7、8日、北九州市小倉北区の西日本総合展示場で開催されます。

 出展メーカー・団体は150社以上。人気アングラーが多数来場するほか、人気YouTuber「ハイサイ探偵団」のこうちゃん、「釣りせんば」のしんちゃんとスンくんも来場予定です。また、会場内には漫画『釣りキチ三平』の単行本表紙デザインなどを展示するコレクション展も開催されます。


(株)タカミヤ 黒石英孝さん  

生きたエサを扱わなくていい「ルアー(疑似餌)」の普及で、女性の釣り人口が増えています。西日本釣り博にもたくさんのメーカーが出展します。会場マップをご覧ください。



こんなにも豊かな北九州の海

 今回の釣果はアラカブだけではありません。釣ったばかりのアジをエサに高級魚のヒラメを狙いました。結果、同じ船に乗船した男性が大物のヒラメをゲット。思いがけずサメも釣れました。身近な関門の海がこんなに豊かな海だったとは!!


同乗した釣り客が釣り上げたヒラメ


思いがけない珍客となったサメ

 今回の取材をサポートしてくれた(株)タカミヤ釣人創出室の黒石英孝さんは「北九州の海の魅力は、陸でも海でも釣れる魚種が豊富なこと。関門だけでもマダイやヒラメ、キジハタ、スズキなど気軽に大物を狙うことができます」と紹介してくれました。

釣り人の強い味方「北九州釣りいこか倶楽部」


 「北九州釣りいこか倶楽部」は遊漁船の手配から釣具のレンタル、フィッシングガイドの派遣、さらには釣った魚をすぐに調理してくれるお店の紹介までをオールインワンで提供してくれるサービスです。釣具ショップ「ポイント」を運営する(株)タカミヤが運営し、北九州市もサポートしています。


遊漁船の出港場所(北九州釣りいこか倶楽部のウェブサイトより)

 今回の取材も釣りいこか倶楽部が協力してくれました。取材日の天気は曇り。寒波の影響でかなりの冷え込みとなり、釣りには難しい環境でした。それでも、倶楽部の登録遊漁船「雅々丸」の田村丞治船長が魚が釣れそうな場所を的確に見つけます。


田村船長  

本日の釣果は多いときの2、3割くらいってところかな。自然が相手やし。釣れる時はびっくりするくらい釣れる。北九州の海のポテンシャルはすごいんよ!!

取材協力:北九州釣りいこか倶楽部、遊漁船「雅々丸」

「西日本釣り博」は小倉駅から歩いてすぐ!

 HIKARIちゃんら人気YouTuberの活躍もあり、女性にも釣り人気が高まっています。そして北九州で開催される西日本最大級の釣りイベント「西日本釣り博2020」は、小倉駅からすぐの西日本総合展示場で開催されます。来場には公共交通機関が便利です。釣りに挑戦したいと思ったら、福岡・北九州を訪れてみては。



名称 西日本釣り博2020
開催日程 2020年3月7日(土)、8日(日)
開催時間 9:00~17:00
会場 西日本総合展示場 本館・新館(北九州市小倉北区浅野3-8-1)
主催 西日本釣り博2020実行委員会
共催 北九州市、株式会社タカミヤ
後援 (公財)日本釣振興会、福岡県釣り団体協議会、九州磯釣連盟、西日本新聞社、毎日新聞社、読売新聞社、九州朝日放送、RKB毎日放送、TNCテレビ西日本、FBS福岡放送、テレQ、釣ファン、つり人社、全九州釣ライター協会
入場料 大 人: 当日1,300円(前売り1,100円)
※中学生以下無料

「西日本釣り博2020」は、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の状況を鑑みて、2月22日、開催の中止が発表されました。本PR記事について、この点にご留意をいただいたうえでご覧ください。

写真ギャラリーはこちら


北九州市情報ページ「キタキューにささっとー!」は、北九州市のホットな情報をお届けする広報コーナーです。


この記事をシェアする