看護職の魅力とは?~コロナで「看護の原点」へ立ち返り

Sponsored by『看護の日』大学連合(5月12日読売新聞掲載) PR

 少子高齢・多死社会を迎えた日本で、看護職は地域包括システムの中心的な役割が期待されています。ところが、この1年余り、医療・看護の現場は新型コロナウイルス感染症への対応に多忙を極めました。コロナ禍の中で、「看護の日」の5月12日にちなんで、公益社団法人福岡県看護協会の大和日美子(やまと・ひみこ)会長に看護の仕事とその魅力について伺いました。



コロナ禍での看護活動

――新型コロナの影響についてお教えください。
 昨年の今頃、医療現場は大変な状態でしたが、今は新型コロナウイルス感染症のことが分かり、対応もある程度可能になりました。ただ、いまだ感染は収束しておらず、医療提供体制を維持していかなければなりません。
 自治体の要請に応じてコロナ病床の確保が求められています。それに対応するためには人とモノの投入が不可欠です。
 病床の編成による新型コロナ対応のための看護職の集中投入、後方の病床を守り、新人看護職員への教育・支援等も行う看護職の配置。そして、感染防止のための防護具をはじめとするモノの投入です。医療従事者を守りながら、患者の命を守ることが重要です。
 発生した当初、医療従事者への誹謗中傷があり、コロナ患者と直接対峙する看護職は、患者さんに寄り添うという倫理観と自身が感染する不安との間で葛藤がありました。これに対して、首長はじめ多くの方々から、看護職を支援する呼びかけや応援メッセージをいただき大変感謝しています。

看護職の確保と感染環境ラウンドを実施

――コロナに対する取り組みをお聞かせください。
 一番重点を置いたのが看護職の確保です。医療機関を中心に看護の人材が不足しましたので、福岡県ナースセンターに登録している「潜在看護職」に声かけをして80人以上の方々に復職をしていただきました。ご本人の強い決意とご家族ら周囲のご理解に感謝いたします。医療現場は日々変化しているので、復帰する方へのスキルギャップ研修も行いました。
 また、高齢者施設を対象に感染症看護専門看護師や感染管理認定看護師による「感染環境ラウンド・アドバイザー派遣事業」を行い、83施設を回りました。訪問して問題点を共有し感染防止の環境づくりを助言・相談に応じる形です。その後のつながりができて、非常に意義が深かったと思います。

命の尊さを考え、一致団結した1年

――看護職のやりがいや可能性をご紹介ください。
 看護職は、患者さんの最期の瞬間をとても大切にしています。人生の終焉をその人らしく迎えていただきたいと考えながらケアをしているのに、コロナ禍では、一緒に生活していたご家族さえも最期に立ち会えない、その人らしい終焉を迎えることができない―。そこに非常にストレスを感じています。
 新型コロナは、命の尊さや人を思いやることの大切さを改めて考えるきっかけになりました。看護の原点、“相手を思いやる心”にみんな立ち返ったと思っています。一人一人は決して強くはないのだけれど、一致団結して取り組みができた1年でした。

地域包括ケア実現に重要な保健師の役割

――増えている看護系大学で学ぶメリットをご説明ください。
 看護職とは、国家資格の保健師と助産師、看護師の3職種と、都道府県知事免許の准看護師の計4職種です。保健師と助産師の資格を取るには、看護師の資格が必要です。大学によっては4年間で看護師と保健師の両方の国家試験受験資格を取ることが可能です。
 地域包括ケアの実現のためには主に地域を活動拠点とする保健師がキーマンであると考えています。
 保健師は、地域で暮らす母子や高齢者、全ての健康レベルの方々に関わります。管轄する地域特性が分かっていないと的確な支援や指導ができません。看護師や助産師と連携を図りながら、疾病回復・健康保持増進に深くかかわり、地域の医療提供体制を守っていく要となります。新型コロナに対しては、住民への相談対応や疫学調査、PCRセンター等多くの場面で活躍しています。

男性看護職の増加に期待

――これから看護職を目指す若い人に向けてメッセージを。
 男性看護職は全体の1割未満。諸外国に比べるとまだまだ少ないです。
 少子化となり、看護職獲得のためには男性看護師の輩出が一つの鍵になると考えています。以前、男性看護職の配属先は手術室とか精神科などが多かったのですが、今はあらゆる場所に配属されています。様々な意見が行き交うことによって、より良い看護が展開できると思っています。​

福岡県内の看護系大学の情報は公式サイトから!
産業医科大学
純真学園大学
久留米大学
福岡女学院看護大学
西南女学院大学
日本赤十字九州国際看護大学
福岡看護大学
帝京大学 福岡キャンパス

福岡県看護協会は「看護の日」にちなんで、県看護協会のWEBサイトに特設サイトを開設し、大和会長や看護職からのメッセージ、制作した動画を中心に5月末まで掲載しています。
「#看護の心福岡」をテーマにインスタグラムでの投稿も呼びかけているほか、ポスターやチラシの掲示、県庁ロビーにパネル展示を行います。これまで、JR博多駅前でのフェスタや式典も行って来ましたが、コロナ感染防止のため昨年から中止しています。

福岡県看護協会では、現在就業していない看護職の方への復職を呼びかけています。福岡県ナースセンターへのお問い合わせをお待ちしています。
Tel:092(631)1221


この記事をシェアする