ワクチン格差どうしたらいい? 在福岡ベトナム総領事館のSOSに考える

支援を訴えるヴー・ビン駐福岡ベトナム総領事

記事 INDEX

  • 日本は半数以上が1回接種済み
  • ベトナムでもデルタ株が猛威
  • 途上国が抱えるワクチン接種の壁

 新型コロナウイルスのワクチン接種をめぐる国の貧富の格差が国際的な課題になっています。今月、在福岡ベトナム総領事館(福岡市)から記者のもとに、ベトナム国内のワクチン支援を目的とした基金設立を紹介するメッセージが届きました。ベトナムでは、2回のワクチン接種を完了した国民がわずか2%にとどまります。先進国と途上国の間に広がるワクチン格差を取材しました。

日本国内は半数以上が1回接種済み

 日本国内のワクチン接種は着実に伸びています。首相官邸によると、8月23日現在、国民の半数以上にあたる約6700万人が少なくとも1回以上の接種を完了し、4割は2回目の接種まで済ませています。


日本国内の一般接種の状況(首相官邸のウェブサイトより内閣官房IT総合戦略室作成)

 福岡県でも県民の46%が1回以上、35%が2回目の接種を終えました。

 菅首相は25日の記者会見で「8月末には全国民の半数近くが2回の接種を行い、9月末には6割近くが接種を終え、イギリスやアメリカ並みに近づく見通しです」と述べました。


advertisement

先進国と途上国のワクチン格差


各国のワクチン接種状況(Our World in Dataより)

 先進国でワクチン接種が進む一方、途上国での接種は遅れています。世界保健機関(WHO)によると、高所得国では100人あたりの接種回数が100回に達しましたが、低所得国はわずか1.5回にとどまっています。

 「デルタ株」など変異ウイルスへの危機感が増すなか、米国や英国、ドイツなどが3回目の追加接種を始めると発表すると、WHOのテドロス・アダノム事務局長は途上国へのワクチン供給が遅れることを危惧し、「世界の供給量の大半を使った国が、さらに使用することは受け入れられない」と発言。先行する先進国に対し、9月末までは追加接種を延期するよう求めています。

ベトナムでもデルタ株が猛威


ヴー・ビン総領事の訴えはオンラインでも発信された

 東南アジア諸国の中でもワクチン接種が進んでいないベトナム。23日現在、1回以上の接種が国民の16%。2回目にいたっては2%にとどまっています。

 ベトナム政府はワクチン普及を目的とした基金を設立。在福岡ベトナム総領事館は8月21日、基金への協力を求めるイベントを開催しました。総領事館には約30人が集まり、オンラインでも九州・沖縄からベトナム人や支援者が参加しました。

 ヴー・ビン総領事は「ベトナムはこれまで感染拡大を抑え込めていましたが、デルタ株の出現で感染が急増しています」と説明。「グローバル化した社会では、自国だけでパンデミックを抑え込むことはできません。各国が助け合ってコロナに打ち勝たねばなりません」と支援を訴えました。


advertisement

途上国が抱えるワクチン接種の壁


寄付をする参加者

 各国の感染データを集計する「Our World in Data」によると、アフリカや東南アジアの途上国を中心にワクチンの接種率は低く、先進国と途上国との格差が顕著になっていることが読み取れます。

 「途上国にはワクチンを購入する資金的な壁だけでなく、いくつもの壁があります。国内にワクチン製造拠点がなく、冷凍の輸送・保存にも課題があります。接種するための医療態勢も先進国とは差があります」(ヴー・ビン総領事)

 日本政府は東南アジア諸国などへ、英アストラゼネカ社製ワクチンを無償提供しています。厚生労働省によると、すでにベトナムと台湾に約300万回分、インドネシアに約200万回分、マレーシアやタイ、フィリピンに約100万回分を直接提供。国際的枠組み「COVAX(コバックス)」を通じても、カンボジア、ラオス、バングラデシュなどへワクチンを順次提供しています。

 ヴー・ビン総領事は「感染拡大を抑え込むには、ワクチン以外に有効な対策はありません。困難な状況下において、日本政府のワクチン供与には心から感謝しています」と語りました。ワクチン格差の解消に向けて「地球規模の課題として助け合ってほしい。日本のことわざに『情けは人のためならず』があります。先進国の支援は巡り巡って自分たちの利益になるはずです」と呼びかけました。

 在福岡ベトナム総領事館によると、基金はワクチンの購入のほか、ベトナム国内でのワクチンの開発・製造の研究費にも充てられます。


advertisement

この記事をシェアする

  • テアトルアカデミー
  • 読売旅行 行くばい!よか旅
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介