買って応援! 福岡商工会議所が地元企業の「過剰在庫SOS」を発信

 新型コロナウイルスで売り上げが落ち込んでいる地元企業を応援しようと、福岡商工会議所は公式サイト内の「福商コロナ対策特設ページ」で、「買って応援!過剰在庫SOS」を発信しています。食品を中心にファッションや生活関連などの各分野で、在庫を抱えた会員企業から寄せられた商品情報を掲載。担当者は「情報発信で少しでもお手伝いできれば」と話しています。


広告

値引きでお得な商品も

 福岡商工会議所は、飲食店の休業やイベントの中止などによる食品ロスを少しでも減らそうと、在庫が膨らんだ食品関連の情報発信を4月8日に始め、5月下旬から対象商品を広げました。



 特設ページに掲載されている商品の多くは食品です。賞味期限もあることから、セット売りや値引きによって通常よりお得に購入できるものも並んでいます。それぞれの商品紹介のほか、各企業の「SOSメッセージ」も添えられています。



広告

飲食・サービス業も応援

 特設ページでは、サービス業を対象にした「発注して応援!受注減少SOS」、飲食店を応援する「テイクアウト・デリバリープラザ」、感染防止に役立つ「コロナに負けるな!対策商品・サービス情報」なども発信。また、雇用対策掲示板「福商ジョブサーチ」で、地場企業の求人情報を掲載しています。


 情報掲載は無料で、福岡商工会議所の会員が対象です。掲載依頼は、サイトの申し込みフォームから随時受け付けています。


広告

この記事をシェアする

  • テアトルアカデミー
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介