3年ぶりに久留米の土曜夜市 7月30日まで毎週開催

ミニボウリングを楽しむ子ども

 福岡県久留米市の夏の風物詩「土曜夜市」が6月25日、市中心部で開幕した。新型コロナウイルスの影響で3年ぶりの開催で、西鉄久留米駅前から六ツ門町までのアーケードを中心に出店が並ぶ。

 久留米シティプラザ六角堂広場で開幕式が行われ、主催する「久留米ほとめき通り商店街」の原誠会長が「子どもたちにとって、いい思い出になるように催していきたい」とあいさつした。

 アーケードには焼き鳥やかき氷、ヨーヨー釣りなど約60の出店が並び、浴衣姿の子どもなど、大勢の家族連れらでにぎわっていた。

 夜市は7月30日までの毎週土曜日午後6~9時に開かれる。問い合わせは、商店街事務局(0942-37-7111)へ。


advertisement

この記事をシェアする

  • テアトルアカデミー
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介
  • 読売旅行 行くばい!よか旅