福岡県出身の若手落語家が巡回公演 8月19~21日

2022.07.29

巡業を行う福岡出身の(左から)昔昔亭昇さん、春風亭昇吾さん、三遊亭花金さん

 福岡県出身で東京を拠点に活動する若手落語家3人が8月19~21日、豪華ゲストと共に県内を巡回公演する。

 出演するのは落語芸術協会(春風亭昇太会長)に所属し、「二ツ目」の春風亭昇吾さん(38)(福智町出身)、三遊亭花金(はなきん)さん(32)(春日市出身)、昔昔亭昇(せきせきていのぼる)さん(32)(粕屋町出身)の3人。

 花金さんと昇さんが前座から二ツ目に昇進したのは2020年。コロナ禍で地元で昇進披露の会を開けなかったため、「落語家になった報告ができるのがうれしい」と花金さん。昇さんは「私は地元で落語を聞いたことがなかったので、子どもに聞かせる機会にできれば」と意気込みを語る。

 19日は午後6時半から粕屋町のサンレイクかすやさくらホールで、ゲストは桂米助さん。20日は午後2時から春日市ふれあい文化センターサンホールで、ゲストは立川生志さん(筑紫野市出身)。21日は午後2時から福智町地域交流センターで、ゲストは桂文治さん。昇吾さん、花金さん、昇さんはそれぞれの出身地での公演でトリを務め、故郷に錦を飾る。3人の中で兄貴分の昇吾さんは、「これから毎年、福岡で会が開けるようになりたい」と目標を語った。

 3公演とも前売り2000円(当日は2500円)。問い合わせは落語芸術協会(03-5909-3081)へ。


advertisement

この記事をシェアする

  • テアトルアカデミー
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介
  • 読売旅行 行くばい!よか旅