立花邸御花に妖怪の提灯 8月14日まで 柳川市

暗闇に浮かび上がる妖怪提灯

 妖怪を描いた提灯(ちょうちん)を展示するイベント「奇怪夜行」が7月30日、福岡県柳川市の柳川藩主立花邸御花で始まった。八女市の老舗提灯店「伊藤権次郎商店」とのコラボ企画で、昨夏に続き2回目。8月14日まで。

 立花家には、妖怪を描いた「芸州武太夫物語絵巻」(上中下の3巻)が伝わる。江戸時代中期、稲生平太郎という少年が体験した妖怪との30日間にわたる根比べの話を基にしているとされる。

 伊藤権次郎商店が絵巻物から着想し、制作した提灯など47点を大広間や西洋館などに展示している。期間中、妖怪提灯と一夜を過ごす宿泊プラン「妖怪ルーム」を1日1組限定で販売。土日・祝日の午後3~9時には、御花正門前でスイーツなどを楽しむ「おはな夜市」も開かれる。

 展示イベントは午後6~9時。入館料は一般1500円、高校生1000円、小中学生500円で、乳幼児は無料。問い合わせは御花(0944-73-2189)へ。


advertisement

この記事をシェアする

  • テアトルアカデミー
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介
  • 読売旅行 行くばい!よか旅