風鈴の音 願いのせ 飯塚「こがえる寺」 

色とりどりの風鈴が飾られた正法寺の参道


 福岡県飯塚市平恒の正法寺の参道に、色とりどりの風鈴約1000個が飾られ、涼を求めて訪れる人たちの目と耳を楽しませている。下げられた短冊には参拝者らの願い事がしたためられている。

 住職の原口性亮(しょうりょう)さんは、「かえる寺」として有名な小郡市の如意輪寺住職の次男。このため、正法寺は「こがえる寺」として親しまれている。2年前からは夏場に、魔よけ効果もあるとされる風鈴を用意。願い事が書かれた短冊とともに奉納されたものを、参道に特設した木枠につるして飾っている。

 今年も御朱印集めなどを兼ねて多くの人が足を運んでおり、風鈴を背景に記念写真に納まる姿も見られる。山口市の会社員男性は妻と一緒に訪れ、「風鈴の音が涼しげでいいですね」と笑みを浮かべていた。

 風鈴は9月末まで、1個500円で取り扱われている。


advertisement

この記事をシェアする

  • テアトルアカデミー
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介
  • 読売旅行 行くばい!よか旅