福岡県産食材の時短レシピ 県と福岡女子大が協力

冷製しゃぶしゃぶを作る服部知事(左)とパラシュート部隊の斉藤さん(中央)、矢野さん

 福岡県産食材を使った時短レシピを提案し、県民の食生活改善につなげる「うま!ラク!ヘルシー!満福(まんぷく)レシピ」が始まった。県庁で開始イベントがあり、服部誠太郎知事らが調理や試食を行った。

パラシュート部隊が動画で発信

 県では、福岡女子大と協力し、旬の食材を使って手軽に調理できる健康レシピを考案。順次、特設サイトで調理の様子や手順の動画などを公開しており、年度内に20種類程度の開発を目指している。

 9月12日に開かれたイベントでは、服部知事が、取り組みを進める「健康応援部隊。」に任命されたお笑いコンビ・パラシュート部隊の斉藤優さん、矢野ぺぺさんとともに調理に挑戦。県産ブランドのイチジク「とよみつひめ」と「はかたもち豚」を使った冷製しゃぶしゃぶを作った。

 電子レンジで調理が可能で、15分ほどで完成した。試食した服部知事は「調理は簡単で私でも作れた。さっぱりした味でとてもおいしかった」と話し、矢野さんは「火を使わないので、家族でぜひ挑戦してほしい」と呼びかけていた。


advertisement

この記事をシェアする

  • テアトルアカデミー
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介
  • 読売旅行 行くばい!よか旅