サッカーW杯 太宰府天満宮おみくじも「サムライブルー」

「サムライブルー」の色に変わったおみくじ

 11月20日に開幕したサッカー・ワールドカップ(W杯)カタール大会にあわせ、福岡県太宰府市の太宰府天満宮で、おみくじの色が日本代表のユニホームにちなんだ「サムライブルー」に変わった。

 2006年のドイツ大会から始まり、5回目。濃い青色をベースに、日の丸や日本サッカー協会のシンボル「八咫烏(やたがらす)」をあしらった。

 サッカークラブのチームメートらとくじを引いた長崎県佐世保市の中学3年の男子生徒(15)は「(目標の)ベスト8以上を目指して頑張ってほしい」とエールを送った。

 おみくじは100円。12月18日の決勝戦までで、なくなり次第終了する。


advertisement

この記事をシェアする

  • テアトルアカデミー
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介
  • 読売旅行 行くばい!よか旅