高田里穂さん「くるめふるさと大使」に 久留米市出身

 福岡県久留米市は、同市出身で俳優やモデルとして活躍する高田里穂さん(28)に、市のPRを担う「くるめふるさと大使」を委嘱した。


久留米市のイメージキャラクター「くるっぱ」と記念撮影する高田さん

 高田さんは櫛原中1年の時、雑誌の専属モデルとなり、芸能活動を開始。アサヒビールのイメージガールを務めたほか、テレビドラマに出演するなど活動の幅を広げている。今年10月に発売した写真集には、久留米市で撮ったカットも収められているという。

 11月15日に市役所であった就任式では、原口新五市長が高田さんに委嘱状を手渡し、「自由に思うように久留米を発信してください」と激励。高田さんは「人の温かさや、うどん、ラーメン、焼きとり、もつ鍋などの食、都会的だけど緑も多いところなど久留米の魅力をどんどん発信していきたい」と意気込みを語った。

 式に続いて、12月9日から市中心部をイルミネーションで彩る「くるめ光の祭典ほとめきファンタジー」をPRするミニ点灯式も行われ、高田さんが初仕事として点灯役を務めた。高田さんは光の祭典初日の点灯式にもゲスト出演する予定。


advertisement

この記事をシェアする

  • テアトルアカデミー
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介
  • 読売旅行 行くばい!よか旅