川崎「パン博」開催中!2月12日まで ネットと実店舗

 福岡県川崎町の人気イベント「かわさきパン博(ぱく)」が今年度も、新型コロナウイルス対策としてオンラインで開かれ、福岡、佐賀両県のパン店計30店が参加している。


 今回は、限定のパンセットを公式サイトを通じて販売する「おうちでパン博」と、参加店の実際の店舗でレシートを3店分集めるとオリジナルグッズが当たる抽選に参加できる「めぐってパン博」の2本立て。会期は本来の「来場型」より長く、2月12日までの約1か月間となっている。

 イベントは町や町観光協会、豊前川崎商工会議所などでつくる実行委員会が2012年度から、町内に「マルシェ(市場)」を特設するスタイルで開始。参加店は町特産の野菜や果物を使うなど趣向を凝らした限定パンを販売し、人気を集めてきた。コロナ禍で20年度は中止したが、21年度にオンラインイベントとして再開。今回で10回の節目を迎えた。

 実行委は「パンのように長く愛されるイベントを目指したい」としている。問い合わせは町商工観光課(0947-72-3000)へ。


advertisement

この記事をシェアする

  • 季刊誌SQUARE
  • テアトルアカデミー
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介
  • 読売旅行 行くばい!よか旅