【長崎】西九州新幹線開業記念で「島鉄」グッズを販売

 9月23日の西九州新幹線の開業と日本の鉄道開業150周年(10月14日)を記念し、諫早駅(長崎県諫早市)で新幹線と接続する島原鉄道(島原市)は23日、「レール文鎮・硬券セット」を発売する。

9月23日発売 レール文鎮・硬券セット


 文鎮は、レールを厚さ1センチに薄切りにしたもの。硬券は、諫早駅と4か所の有人駅を結ぶ切符で、それぞれ通常切符と改札鋏(はさみ)入りの計8枚。


島原鉄道が発売するレール文鎮・硬券セット


 150セット限定で、額入り木箱付き(税込み2万2000円)を50セット、木箱入り(同1万5000円)を100セット用意している。

 23日は、諫早駅、島原駅で発売。オンラインのしまてつショップでは9日から予約販売を開始し、鉄道ファンから申し込みが寄せられているという。

 同社は「諫早は島原半島の玄関。ぜひ足を延ばしてほしい」と話している。


advertisement

  • テアトルアカデミー
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介
  • 読売旅行 行くばい!よか旅