大迫力のパノラマ印刷で特別な新聞を作りませんか? 周年事業やイベントの記念に

Sponsored by 読売新聞西部本社企画共創部 PR

 企業・団体の周年事業やイベントの記念グッズとして、大迫力のパノラマ印刷によるオリジナル新聞を作りませんか?横幅1.6メートルとレイアウト自在のワイドな紙面で、大切な思い出をしっかりとカタチに残す「特別な新聞」です。


新聞4面分のワイドな紙面


 通常の新聞4面(表裏8ページ)分が連なるパノラマ紙面を広げると、日本人女性の平均身長とほぼ同じサイズになります。ワイドな新聞には原寸大、等身大といった写真が掲載でき、編集の自由度も高まります。


九州新幹線の全線開業10周年の記念新聞。特別な塗装を施した車両の写真を大胆にレイアウト


新幹線の写真をあしらった裏面には、記念イベントの模様や関係者インタビュー、関連年表などを掲載

集客・販促でも大きなインパクト

 企業や自治体の節目の記念、展覧会やコンサートの思い出に持ち帰るグッズなどとしても、パノラマ新聞への関心は高まり、用途も広がっています。


毛利博物館(山口県)の特別展にあわせて同館所蔵の国宝「四季山水図」(部分)を再現した紙面


 見る人に強いインパクトを与える紙面は、商業施設オープンや大型イベントの告知など、集客・販促のツールとしても威力を発揮します。


 パノラマ印刷は4面連続だけでなく、3面(表裏6ページ)でも展開できます。


ひぐちグループ(長崎市)の創業70周年特集

裏面では会社発展の歩みを紹介


「読売新聞」と同じ工場で印刷


 この特別な新聞の印刷を手がけるのは、九州・山口で購読される「読売新聞」をはじめ様々な日刊紙の発行を支える「プリントメディア西部」です。


本社・鳥栖工場

鳥栖工場の高性能印刷機


 本社・鳥栖工場(佐賀県鳥栖市)には西日本で唯一、新聞4面の連続印刷ができる高性能輪転機があり、確かなクオリティーのオリジナル新聞を印刷します。


お問い合わせはお気軽に!
 
 パノラマ新聞に関するお問い合わせは、読売新聞西部本社 事業推進室 企画共創部へメール、電話(092-715-4354)でお寄せください。
 新聞に掲載する記事の取材・編集、印刷の仕様や部数、配布・販売の方法など幅広い相談にオーダーメードで対応いたします。


この記事をシェアする