年初めの準備着々と 福岡県内の百貨店が選んだ2022年こだわり「おせち」

岩田屋・福岡三越が取り扱う南国フルーツの「和洋果折衷」(4人前・税込み3万4560円)

 2022年のおせち料理の予約受け付けが福岡県内の百貨店で始まっています。多様化する正月の過ごし方に合わせ、バラエティー豊かな品が用意されています。なかには予約が集中し、すでに売り切れた人気商品も。各店の「おすすめ」をまとめました。


advertisement

岩田屋三越

こだわりおせちが勢ぞろい

 岩田屋・福岡三越では、伝統的なおせちに加え、福岡の料亭や名店の味など作り手の思いやこだわりが詰まった多彩な料理が並びます。昨年好評だった全国発送可能な冷凍・真空パックも品ぞろえが増えました。


「晴れ」


 「料亭 老松」による『晴れ』(6人前・税込み10万8000円)は、伝統の味が彩り豊かにそろった豪華な品です。伊勢海老や鮑、金目鯛西京焼き、数の子べっ甲漬けなど全34品が詰め込まれ、新しい年を晴れやかに迎えられます。


「おすすめ洋風オードブル」


 岩田屋三越が監修した『おすすめ洋風オードブル』(4人前・税込み2万8080円)は、ロブスターのホワイトソース和え、A5ランク宮崎牛ローストビーフ、山口県産車海老の艶煮など全28品が楽しめます。進化した冷凍技術によって高い品質のまま保存できるため、年末年始を過ぎたタイミングでもおいしく食べられます。



店名 岩田屋・福岡三越
受付期間 ウェブ:10月1日(金)~12月12日(日)
店頭 :10月14日(木)~12月20日(月)
公式サイト 2022年 岩田屋・福岡三越のおせち

大丸 福岡天神店

選び抜いた品がズラリ

 大丸福岡天神店には、昨年好評だった料理研究家・大原千鶴さん監修の『口福おせち 寅(和風 三段)』(4人前・税込み2万7000円)のほか、自宅でゆっくり楽しめるおつまみ風や多彩なオードブルがそろいます。


「25アミューズ・グール(おつまみ風 一段)」


 日本のソムリエの第一人者・田崎真也さん監修の『25アミューズ・グール(おつまみ風 一段)』(2人前・税込み1万6200円)は、25マスの中に38品を盛り込んだフレンチベースの詰め合わせ。ワインと相性の良い料理を食べ進めると、フルコースのような楽しさと満足感を得られそうです。


新・博多おせち「新和美伝」


 人気商品は中村学園大学フード・マネジメント学科と大丸がコラボした新・博多おせち『新和美伝』(3~4人前・税込み2万1600円)です。食品ビジネスを学ぶ学生たちが「伝統」と「新感覚」を取り入れ、新しいスタイルのおせちを提案しています。



店名 大丸 福岡天神店
受付期間 ウェブ:10月3日(日)~12月20日(月)
店頭 :10月3日(日)~12月25日(土)
公式サイト 2022年大丸福岡天神店のおせち


advertisement

博多阪急

料理のお供にお酒を添えて

 博多阪急は、初登場9ブランドを含む75ブランド、全143種のおせち・オードブルを用意しました。「迎春のおいしいマリアージュ」をテーマに、各店のシェフがオードブルに合うお酒を提案。新年のスタートにふさわしい"上質な時間"を演出します。


「リストランテKubotsuが贈る九州の恵み」


 「リストランテKubotsu」の『リストランテKubotsuが贈る九州の恵み』(2人前・税込み2万5000円)は、窪津朋生シェフが産地で確かめた食材だけを使用。前菜、パスタ、肉料理とコースで堪能できます。食事のお供には、ワイン「ルイ・ジャド ジュヴレ シャンベルタン」(750ml・税込み8250円)が合うとのことです。


「トレゾール/宝箱」


 「レストランひらまつ博多」の『トレゾール/宝箱』(2~3人前・税込み4万円)は、九州の恵みを生かす土生将之シェフが手がけるおせち。1段目は冷前菜、2段目は温前菜、3段目はメイン料理が鮮やかに並びます。ほんのり甘いロゼシャンパン「ドゥラモット ブリュット ロゼ」(750ml・税込み1万1000円)のマリアージュがおすすめだそうです。



店名 博多阪急
受付期間
ウェブ:10月1日(金)~12月19日(日)
店頭 :10月1日(金)~12月21日(火)
公式サイト 博多阪急のおせち料理2022

小倉井筒屋

地域に根差した味で新年を

 バイヤーが厳選した230種以上の品が並ぶ小倉井筒屋。解凍の手間がいらず、冷凍では使えない根菜類や煮物もたっぷり入った「冷蔵おせち」も多数そろえました。いち押しは地元の味わいを大切にした井筒屋オリジナルのおせち。日頃親しんだ味で、穏やかに新年を迎えられます。


「北九州の台所おせち」


 新登場『北九州の台所おせち』(3~4人前・税込み3万2400円)は、旦過市場や黄金市場の食材をふんだんに取り入れた和洋折衷の4段重です。自宅で食べるのにも、近隣の方への贈り物としても喜ばれる、お祝いにぴったりの豪華な品です。


「九州ぐるり味紀行」


 九州各地のおいしさを詰め込んだ『九州ぐるり味紀行』(3~4人前・税込み3万2400円)も新登場。合馬タケノコの旨煮や肥前さくらポークの焼豚、熊本県産鶏・砂ズリのコンフィなど郷土の味覚がぎっしり。旅行気分で正月を楽しめそうです。



店名 小倉井筒屋
受付期間
ウェブ:9月15日(水)~12月7日(火)
店頭 :9月15日(水)~12月14日(火)
公式サイト 井筒屋 2022年おせち


advertisement

この記事をシェアする

  • テアトルアカデミー
  • 読売旅行 行くばい!よか旅
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介