ご飯のお供に人気 高校生と漁協がコラボした「糸島鯛味噌~香る3姉妹」

「糸島鯛味噌~香る3姉妹」(画像はいずれも糸島市提供)

 博多女子高校(福岡市東区)の生徒と糸島漁協(福岡県糸島市)がコラボし、2020年9月に発売した「糸島鯛味噌~香る3姉妹」が人気です。糸島で水揚げされた新鮮な鯛をふんだんに使い、甘味も旨味も抜群。新型コロナウイルスによる自粛ムードが長引く中、ちょっとぜいたくなご飯のお供として食卓に彩りを添えているようです。


広告

博多女子高の地域貢献

 2016年9月から「糸島市マーケティングモデル推進事業」をスタートした博多女子高。食品の生産、加工、流通関係者らでつくる「糸島市食品産業クラスター協議会」と連携し、市場調査を実践しながら地元産品の販売支援に取り組んでいます。


糸島市役所での商品発表(2020年9月)

 農林水産省の統計によると、糸島市は2011年から8年連続で天然真鯛の漁獲量で日本一。毎年5月に始まる伝統的な漁法「吾智網漁」が首位の座を支えています。


船越漁港で水揚げの様子を見学する高校生

 生徒たちは1年半かけて市場調査を実施。新鮮な天然真鯛を用いた既存商品「糸島味噌バターっ鯛」のリニューアルとシリーズ化をテーマに、地元漁師や漁協へのヒアリング、水揚げ現場や製造過程の視察などを重ねました。


広告

選べる3種の味わい


「糸島鯛味噌~香る3姉妹」と調理例

 「糸島鯛味噌~香る3姉妹」は、原材料の4割に糸島の天然真鯛を使用。鯛の身が瓶にしっかりと詰まり、上質な旨味を感じられます。

 これまでの「糸島味噌バターっ鯛」に、「糸島味噌ゆずっ鯛」「糸島味噌トリュフっ鯛」が加わって"3姉妹"のシリーズになりました。味の決め手になる味噌は、やはり地元の「北伊醤油」のものを使用しています。

 シリーズ化で味が選べるようになってから、食べ比べやリピートなどで、3種をそろえて買い求める人が増えたそう。売り上げも3倍以上に伸びたといいます。

どこで買えるの?

 糸島鯛味噌は一つ740円(税別)で、次の店舗で購入できます。

・CoCo9九州マルシェ(福岡市中央区 天神イムズ4階「紀伊国屋書店」内)
・JF糸島の直売所「志摩の四季」(糸島市志摩津和崎33-1)
・JA糸島の直売所「伊都菜彩」(糸島市波多江567-1)
よかもん市場 オンラインショップ

 糸島が日本一の真鯛水揚げ量を誇ることは、あまり多くの人に知られていないようです。糸島漁協業務課の鹿毛俊作課長は「糸島鯛味噌が売れることはもちろん、商品の購入をきっかけに鮮魚の人気も高まれば」と期待を寄せています。


広告

この記事をシェアする

  • テアトルアカデミー
  • 読売旅行 行くばい!よか旅
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介