人気のポケモンがマンホールのふたに! 北九州市内5か所に「ポケふた」が登場

「ポケふた」を披露するピカチュウ(画像はいずれも北九州市提供)

記事 INDEX

  • 北部九州に初登場!
  • 北九州の景観をイメージ
  • お披露目会にピカチュウ

 アニメやゲームで幅広い世代に人気がある「ポケットモンスター(ポケモン)」のキャラクターが描かれたマンホールのふた「ポケふた」が北九州市に登場しました。北部九州では初めての設置で、市内5か所で楽しむことができます。


advertisement

北九州の景観をイメージ


計8種類のポケモンが描かれた5枚の「ポケふた」

 ポケふたは、ポケモンをプロデュースするポケモン社(東京)が、2018年から全国の自治体に寄贈してきました。今回、寄贈先の募集に北九州市が手をあげ、北部九州では初めての設置が実現したそうです。

 寄贈されたのは、計8種類のポケモンが描かれた5枚。北九州市の景観をイメージしたオリジナルデザインになっています。


あさの汐風公園のポケふたには市の花ヒマワリも

 JR小倉駅北側のあさの汐風公園には、市の花ヒマワリと「アローラダグトリオ」「トロッゴン」をデザインしたポケふたが設置されました。周辺には、北九州市ゆかりの漫画家・松本零士さんの作品や、サッカーJ2・ギラヴァンツ北九州のクラブマスコット「ギラン」を描いたふたもあり、様々なマンホールが個性を競っています。

 門司港レトロ地区は、月夜の港町をイメージした幻想的なデザイン。月のような形の「ルナトーン」と人気の「サーナイト」が向き合うように配されています。


門司港レトロのポケふたは幻想的なデザイン


 ほかにも、関門橋のたもとのノーフォーク広場に「トロピウス」、JRスペースワールド駅近くには「ジュラルドン」と「ヤミラミ」、リバーウォーク北九州そばに「ボスゴドラ」をあしらったデザインマンホールがそれぞれ登場しました。

お披露目会にピカチュウ

 小倉城庭園で8月7日にお披露目会が開かれ、着ぐるみのピカチュウが5枚のポケふたをPR。その後、リバーウォークそばに最初のポケふたが取り付けられました。


最初に設置されたリバーウォークそばのポケふた

 市の担当者は「マンホールは特注で、世界に一つだけのデザインです。今はコロナ禍で制約がありますが、落ち着いたらぜひ見に来てもらい、あわせて北九州の食事や観光を楽しんでほしいです」と話しています。


advertisement

この記事をシェアする

  • テアトルアカデミー
  • 読売旅行 行くばい!よか旅
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介