からだに優しいどうぶつドーナツ 福岡でもシェアを広げる「フロレスタ」とは

 昨年11月末、手作りドーナツ専門店「フロレスタ平尾店」が福岡市中央区にオープンしました。福岡県内の1号店は「藤崎店」で、次いで平尾店、さらに3月18日には「六本松店」もオープンします。人気の理由を探るため、平尾店に足を運びました。


フロレスタ平尾店の外観

すべてにこだわり

 奈良県に住む前田利安さん・由理子さん夫妻が2002年、「子どもに安心して食べさせられるおやつを作りたい」という思いで、ドーナツを作り始めたのがきっかけ。そのコンセプトに賛同する人々が全国で「フロレスタ」の店舗を展開しています。

 食材から製法まで、すべてにこだわるフロレスタ。添加物には一切頼らず、北海道産小麦粉や、国産大豆の無調整豆乳、無着色の三温糖などを使用した、からだに優しい自然派ドーナツを提供しています。


揚げたてをお願いすることもできる

 出来立てのおいしさを提供するため、商品は毎日一つひとつ、店舗で手作りしているとのこと。環境に配慮し、包装も必要最小限にとどめています。


イラストがかわいい持ち帰り用の紙袋

 平尾店は、経年変化した木材の風合いがあたたかい、落ち着きのある空間。ドライフラワーや雑貨が随所にあしらわれ、ゆったりとした時間が流れます。店頭で揚げたてのドーナツが購入でき、イートインでの飲食、デリバリーでの利用も可能です。


木材を基調とした店内


advertisement

店の人気商品は?

 フロレスタのドーナツは、外はサックリ、中はしっとりフワフワで、どこか懐かしさのある自然な味わいが特徴です。「ネイチャー」「シュガー」「チョコレート」といったレギュラーメニュー(税抜き140~193円)のほか、日替わりの「きなこ」「抹茶ミルキー」「くるみメープル」、旬の食材を用いた期間限定メニューもショーケースをにぎわせます。


一番人気のドーナツ「ネイチャー」。(1個、税抜き140円)

 2010年、フロレスタの「こんなドーナツあったらいいなコンテスト」で生まれた「どうぶつドーナツ」は、子連れや若い世代に人気のシリーズです。ネイチャードーナツをベースに、ホワイトチョコや有機抹茶、カボチャやいちごのパウダーでコーティング。顔のパーツはすべて店内で手書きしており、どれも愛嬌(あいきょう)たっぷりです。全部で約30種類あり、日替わりで5~6種のどうぶつが登場します。


ぴょこっと出た耳の突起はアーモンド

 店に訪れた子どもたちはショーケースをのぞき込み、「今日はこの動物さんがいるよ」「かわいいね」と声を弾ませます。どうぶつドーナツは毎日12時に焼きあがりますが、即完売する日も多いので、目当ての品がある場合は前日までに予約をしておくのがおすすめです。

自粛生活に彩りを

 コロナ禍による外出自粛や休校措置で長引く「おうち時間」。気持ちを明るくしてくれるおやつや、散歩のお供として手軽に楽しめるドーナツは、需要を伸ばしているそうです。


店長の牧野亜弥さん

 店長の牧野亜弥さんは「お客さんとの会話や、子どもたちの喜ぶ様子が活力になっています。素材と製法、新商品の開発に注力し、長年愛される店舗を目指したいです」と話しています。



店名 フロレスタ平尾店
所在地 福岡市中央区平尾4-4-2
ベレーザ平尾1F
電話 092-526-0033
営業時間 10:00~19:00
公式サイト フロレスタ平尾店

advertisement

この記事をシェアする

  • テアトルアカデミー
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介
  • 読売旅行 行くばい!よか旅