「いろんな輝きあります」 北九州市が『日本新三大夜景都市』で初の1位に! 

皿倉山からの夜景

 全国の「夜景観光士」約6100人の投票によって決まる『日本新三大夜景都市』に、北九州市が1位で再認定されました。北九州市の認定は前回2018年に続いて2回目ですが、トップでの選出は初めて。同市は夜景の魅力をさらに高め、観光客誘致につなげていく考えです。

日本新三大夜景都市
 各地の夜景の魅力を再発見し、観光資源として生かすことを目的に2015年に創設された。一般社団法人「夜景観光コンベンション・ビューロー」が3年に1度、夜景に関する有資格者による投票をもとに認定している。今回が3回目。


advertisement

投票で札幌、長崎を抑える

 投票結果は、札幌市で3月25日に開かれた「夜景サミット」で発表されました。前回、長崎市、札幌市に次いで3位だった北九州市。今回は3596ポイントを獲得し、2位の札幌市(3438ポイント)、3位の長崎市(3040ポイント)を上回りました。


高塔山から若戸大橋を望む

 北九州市には、皿倉山や高塔山公園、門司港レトロといった夜景スポットがあり、幻想的な工場夜景を楽しむミニツアーも人気です。この数年は、小倉城や門司港駅など歴史的建造物のライトアップも進めてきました。


ライトアップされた門司港駅

 市観光課の担当者は「夜景スポットの多さや特徴ある工場夜景などに加え、市民参加型の取り組みも広がっていることが評価してもらえたと思う」と喜んでいます。


幻想的な工場夜景

 北九州市の夜景スポットは、市の観光情報サイト「ぐるリッチ!北Q州」でも紹介しています。


(写真:大野博昭)


advertisement

この記事をシェアする

  • テアトルアカデミー
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介
  • 読売旅行 行くばい!よか旅