お正月も「無事帰る」 博多駅にすむ金色のカエル

 九州の玄関口・JR博多駅。年末年始の帰省客が行き交うターミナル駅の外壁には、金色のカエルが潜んでいます。


 このオブジェは、奈良県のマスコットキャラクター「せんとくん」を制作した彫刻家・薮内佐斗司さんの手によるものです。2011年の博多駅ビル開業時から、街と人々を見守ってきました。
 


 大屋根の近くを探すと、壁をよじのぼっているようなカエルがいます。
 JR九州によると、駅を利用する人々がうつむいて歩くのではなく、顔を上げて金色のカエルを見つけたとき、少し幸せな気持ちになれるのでは――という遊び心なのだそう。
 「見つけたら幸福になる」と話題になったこともあります。


 「無事帰る」 
 大きな荷物を抱え、ふるさとを目指す家族連れの笑顔や学生の姿を目にするとき、このカエルにはそんな気持ちも込められているような気がします。



 博多駅にはほかにも「隠れキャラ」がいるようなので、また探しに行きたいと思います。


広告

この記事をシェアする

  • テアトルアカデミー
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく