黙々と働くシュールな姿が話題 福岡市東区「正宗鶏西大冷麺」の麺作りロボット

記事 INDEX

  • 国内でも数台だけ…
  • 両親に"故郷"の料理を
  • 中国・鶏西市を知って

 コック帽をかぶって真っすぐ前を見据え、素早い手さばきで麺をカシャカシャとそぎ落としていくロボット――。福岡市東区にある中華料理の"働き者"が「クセが強すぎ」「シュール」などとSNSで話題です。本場の味を楽しめることでも人気の店を訪ねて、ロボットの正体を聞きました。

国内でも数台だけ…

 ロボットがあるのは、中国の東北部に位置する黒竜江省鶏西(けいせい)市出身の中山波夫さんが営む「正宗鶏西大冷麺」。店の自慢メニュー「刀削麺(とうしょうめん)」の麺を削るためのもので、中山さんによると「九州ではこの店が初めて。日本でも数台しかないのでは」といいます。

 刀削麺は、山西省発祥の料理で、小麦粉で作った生地を専用の包丁で削ってゆであげます。ロシアに近く冬はかなり冷え込むという鶏西市では、山西省とは異なり、辛いスープとともに食べるのだそうです。


「正宗鶏西大冷麺」の店内

 「刀削麺は、麺の真ん中が厚く、外側にいくにつれて薄くなります。それによって伸びにくく、もちもち感が長続きします」と中山さん。麺を削る作業はかつて人の手で行っていましたが、現在の中国ではロボットで行うのが一般的で、顔やデザインもたくさんの種類があるということです。


advertisement

両親に"故郷"の料理を

 中山さんは、中国残留孤児の父と中国人の母の間に生まれ、19歳だった1994年に家族で来日。自動車整備工場などで働きましたが、高齢になった両親に「地元の料理を食べさせてあげたい」と2015年、鶏西市に渡って本場の調理法を学びました。


店の前に立つ中山さん

 2019年1月、福岡市に戻って自分の店をオープン。店内のロボットは開業に合わせて中国から輸入したもので、顔も中山さんの好みで選んだそうです。


「友好」と名付けられた麺作りロボット

 物珍しさもあって、ロボットの写真をSNSにあげる人が相次ぎ、ちょっとした話題に。ラジオ番組の取材を受けた際、「日本と中国が仲良くなるように」と願い、このロボットに「友好(ゆうこ)」と命名したといいます。中山さんは「『友好』を見て、刀削麺の味にはまった人もいます。今では常連さんも増えました」と笑顔です。 

中国・鶏西市を知って

 「友好」と中山さんの"二人三脚"で作る「刀削麺」は税込み780円。20種類以上の香辛料を使ったスープが、もちもちの麺に絡んで豊かな味わいが広がります。ツンとくるような刺激はなく、うまみのある辛さで体の芯からぽかぽかに。平べったい麺はボリューム満点で、すっかりおなかいっぱいになりました。


うまみのある辛さがクセになる「刀削麺」

 スープにネギ油を使い、あっさりした風味の刀削麺も人気があるそうです。平日のランチタイムには、総菜とご飯がつくお得なセットも。このほか、鶏西市のもう一つの名物である冷麺(冬場は金曜と土曜のみ)や10種類ほどの総菜も用意しています。


たくさんの総菜が食べられるのも魅力

 コロナ禍もあり時期は未定ですが、2号店も検討しているという中山さん。「見るだけでは伝わらないけど、食べたらわかるうまさです。刀削麺を食べて、多くの人に鶏西市のことを知ってほしい」と話しています。



店名 正宗鶏西大冷麺
所在地 福岡市東区名島3-29-13
営業時間 11:30~22:00
売り切れ次第終了
定休日 日曜
電話
090‐1921‐5277
公式サイト 正宗鶏西大冷麺


advertisement

この記事をシェアする

  • テアトルアカデミー
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介
  • 読売旅行 行くばい!よか旅