北九州マラソン ささっとー技術責任者が給食エイドを食べ尽くす

門司港を折り返してラストスパート


門司港レトロの折り返し地点を過ぎて残り約10キロ

 門司港駅前を折り返すと、ゴールまで約10キロ。ここからの海沿いルートは向かい風が強くなり、ランナーにとって我慢のしどころ。沿道からはいっそう声援が飛びます。ゴールへ向かってラストスパートです。


バナナの妖精「バナナ姫ルナ」も門司港駅前の折り返し地点で声援を送った


advertisement

目標の5時間以内でゴール


両手を上げて無事ゴール

 公式記録はネットタイムで4時間53分5秒。目標の5時間切りを達成しました。ただ、最後の最後、38キロ地点の給食エイドで待っていたご褒美の「小倉牛丸焼き」を食べ損ねました。「小倉牛、食べられませんでした」。ゴールで待っていたカメラマンに無念の報告です。マラソン実行委員会事務局によると、フルマラソンには1万728人が出場し、完走者は9488人でした。沿道には23万人が駆けつけ、ランナーを後押ししました。


第一声は「小倉牛…」


完走のメダルを手に記念写真


advertisement

北九州のみなさんに「ありがとう!」

 3度目のフルマラソン。走るたびに感じるのが、ボランティアのみなさんの給食エイドはもちろん、沿道の応援がとてもありがたく、走っていて励みになります。今回はあいにくの悪天候で、沿道のボランティアのみなさん、応援のみなさんもランナー以上に寒くて大変だったのではないかと思います。寒いなか大会運営にかかわったすべてのみなさま、本当にありがとうございました。また来年も当選したら走りたいと思います。でもやっぱり、晴れるといいなぁ。


北九州マラソン特別アンバサダーを務めた女優の紗綾さんも完走


ゴール後には陸上自衛隊小倉駐屯地の「小倉駐とん汁」


冷えた体にとん汁がしみる


advertisement

この記事をシェアする

  • テアトルアカデミー
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介
  • 読売旅行 行くばい!よか旅