福岡県内をお得に旅して観光地に活気を! 1泊最大5000円の助成制度がスタート

 福岡県は、県内施設の宿泊費を助成する独自事業「福岡の避密の旅」観光キャンペーンを11月5日(木)から始めます。宿泊費の2分の1を上限に、1人1泊最大5000円を補助。福岡県民は国の「Go To トラベル」との併用で、さらにお得になります。


広告

お得に旅して地域を元気に

 新型コロナウイルスの影響で打撃を受けた観光業の支援が目的で、福岡県の独自のキャンペーンはこれで2回目です。第1弾の「福岡の魅力再発見」では、九州在住者に福岡への旅行を促しました。今回の「福岡の避密の旅」は対象者を全国に広げたほか、福岡県内在住者は国の助成と併用可能になりました。


「福岡の避密の旅」観光キャンペーンの特設サイトの画面

 県内の登録施設で利用できる宿泊券を額面の半額で全国のコンビニで販売。11月5日~2021年2月28日に販売し、3月1日のチェックアウト時まで利用できます。福岡県は10万人の利用を見込んでおり、助成の予算がなくなり次第、販売を終了します。


広告

県民は「Go To」と併用可

 宿泊券を購入できるコンビニは、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップで、額面5000円券(販売額2500円)と額面1000円券(販売額500円)の2種を取り扱います。

 例えば、1人1泊1万円の施設を利用する場合、1万円分の宿泊券(額面5000円券×2枚)の購入に必要な5000円(販売額2500円×2枚)が自己負担になります。

 福岡県内在住者は「Go To トラベル」で宿泊費の35%がまず差し引かれ、そこからさらに県の助成が受けられます。宿泊費1万円ならば残る6500円が宿泊券による助成の対象です。この場合、額面6000円分の宿泊券を3000円で購入し、不足分500円を現金で補えば、自己負担は3500円になります。

<宿泊費1万円で助成制度を活用した場合の自己負担>
①「Go To トラベル」(支援額35%)を利用
 宿泊費1万円-Go To支援額3500円=6500円←自己負担
②「福岡の避密の旅」を利用
 宿泊費1万円=額面1万円分の宿泊券(2分の1助成)=5000円←自己負担
③「Go To トラベル」と「福岡の避密の旅」を併用
 宿泊費1万円-Go To支援額3500円=6500円
 =額面6000円分の宿泊券(2分の1助成)+500円=3500円←自己負担
※Go To トラベルは代金の15%相当の地域共通クーポン券がべつに付与される


広告

レンタカーの利用にも助成

 レンタカー代も助成の対象になります。「福岡の避密の旅」や「Go To トラベル」を利用して県内施設に泊まったり、登録された観光施設を2か所以上巡ったりする場合は、1台あたり1日最大3000円が助成されます。

 レンタカーの助成期間は11月5日~2021年3月1日。レンタカー会社で配布している台紙に対象施設のスタンプを押してもらうと、支払額を値引きされたり、キャッシュバックされたりします。

 福岡県はキャンペーンの特設サイトで宿泊券の詳しい購入方法や使い方、最新情報などを公開・更新します。小川洋知事は10月27日に開いた記者会見で「多くの皆さんに楽しんでいただき、改めて福岡の魅力を発見してもらいたい」と呼びかけました。


広告

この記事をシェアする

  • テアトルアカデミー
  • 読売旅行 行くばい!よか旅
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介