魚をもっと食べて! 福岡市のマリンワールドで切り身を配るイベントを実施

記事 INDEX

  • 消費が低迷する魚を食べて!
  • 九州のうまい魚プロジェクト
  • クイズに全問正解すると・・・

 福岡市東区の水族館「マリンワールド海の中道」で12月12、13日、魚の切り身がもらえるクイズラリー「九州のうまい魚プロジェクト」が行われます。新型コロナウイルスの影響が長期化する中、消費が落ち込んでいる水産物を食べてもらおうと企画されました。

消費が低迷する魚を食べて!

 若者を中心に「家で魚を食べる機会がない」という人が増え、魚の消費量は減少傾向にあります。さらに新型コロナが追い打ちをかけ、飲食店の客足も減っています。


イベントが行われる「マリンワールド海の中道」

 今回、東京のNPO法人や地元のラジオ局などでつくる実行委員会が、魚の消費回復につなげようとイベントを企画。マリンワールドの協力を得て実現しました。


advertisement

クイズに全問正解すると・・・

 イベント当日は、マリンワールドの入り口でクイズラリーの台紙をもらい、台紙に書かれた問題の答えを探しながら館内を巡ります。


クイズラリーの台紙(以下、画像はいずれも実行委事務局提供)

 イルカ、ペンギン、サメがそれぞれ好きな食べ物が出題され、全問正解すると冷凍したサバ、ブリ、サンマなどの切り身がもらえます。水族館で飼育されている生き物には肉食のものも多く、魚、イカ、エビなど、人間と同じものを食べています。


全問正解するともらえる魚の切り身

 イベントは11月28、29日にも行われ、大好評だったそう。担当者は「イベントをきっかけに、魚を食べる機会が増えればうれしいです。マリンワールドでのイベントなので、『生き物』としての魚にも親しんでほしい」と話しています。


11月28日、29日に行われたイベントの様子


イベント名 九州のうまい魚プロジェクト
開催日 2020年12月12日(土)、13日(日)
開催場所 マリンワールド海の中道(福岡市東区西戸崎18-28)
開催時間 魚とクイズの台紙がなくなり次第終了
料金 無料 ※マリンワールド入館料は必要
公式サイト マリンワールド海の中道

advertisement

この記事をシェアする

  • テアトルアカデミー
  • 読売旅行 行くばい!よか旅
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介