【佐賀】ぼたんと緑の丘で「ブルーメンフェスト」開催

 佐賀県唐津市肥前町の九州最大級のボタン園「ぼたんと緑の丘」で4月11日~5月7日、市主催のイベント「ブルーメンフェスト」が開催される。ボタン苗や陶磁器の販売が行われるほか、16、23、30日は特別イベントを実施。市内の事業者が腕をふるったグルメを楽しめる。


「ブルーメンフェスト」のチラシ


 同園は市が運営し、毎年4月1日から5月末まで連日無休でオープンしている。昨年までは「ぼたんと芍薬(しゃくやく)まつり」を大型連休明けまで実行委員会が催していた。実行委が解散したため、今年からはイベントを市が引き継いで開催、併せてドイツ語で「花まつり」を意味する名称に改めた。

 特別イベントは16日がパン、23日はスイーツ、30日は肉と野菜をテーマに実施し、それぞれ10~16業者が出店する見通し。荒天時には中止の予定だ。

ボタン2000株、シャクヤク3万本

 園内では約1ヘクタールに約100種、約2000株のボタンが植えられ、まもなく見頃を迎えそう。シャクヤクも約1ヘクタールに約30種、約3万本が植えられ、「4月末から早咲きが鑑賞できそう」と市肥前市民センター産業・教育課は話す。

 入園料については、花の最盛期にはシーズン料金を適用し、高校生以上520円、小中学生310円。花の少ない時期はそれぞれ310円、100円。開園時間は午前9時~午後5時(最終入園午後4時半)。開花状況の問い合わせなどは事務所(0955-53-2032)へ。


advertisement

  • 季刊誌SQUARE
  • テアトルアカデミー
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介
  • 読売旅行 行くばい!よか旅