巡査の殉職から43年 街の安全をきょうも見守る天神地蔵

住民たちから「我が子のように」大切にされてきた天神地蔵(2014年から2022年まで撮影)

 福岡市・天神の交差点。行き交う人や車を優しい表情で見守るお地蔵さんが花壇に立ち、「天神地蔵」と親しまれている。

歩行者を守った若き巡査


天神交差点を見守る地蔵(2014年1月撮影)

 九州でも屈指の交通量を数える天神交差点に、なぜお地蔵さんが――。そばを通るたびに気に掛かり、10年近く前からカメラに収めてきた。調べると43年前の不幸な出来事に由来するらしいと分かった。


2008年(上)と現在の天神交差点(横断歩道そばの花壇に地蔵が立つ)

 お地蔵さんは、1979年9月23日未明に起きた事故で殉職した福岡県警中央署の巡査・田中政義さん(当時28歳)を慰霊するため、篤志家が建てたといわれる。


横断歩道のそばにたたずむ

 田中さんは横断歩道を渡っていた人を守ろうとして、信号を無視した暴走族のバイクにはねられ、亡くなったという。新婚で、子どもが生まれたばかりだったそうだ。


悲しい事故は未明におきた

9月23日で事故から43年

 お地蔵さんの背丈は約60センチ。季節の移り変わりとともに、ボランティアの女性によって服や帽子が取り換えられたり、周辺を掃除されたりしている。朝、お地蔵さんに一礼して職場に向かう人もいるという。


初夏。手入れされた花々の先に見えた天神地蔵

 お地蔵さんを30年以上にわたって管理している町内会長の藤木敏一さん(73)は「自らの命をなげうって人を守ろうとした、田中さんへの敬意です」と話す。「天神地蔵を通じて、田中さんの勇気ある行動を知ってほしい」

 2018年には酒に酔った男性に蹴られ、頭部が折れてしまう事件もあった。地域の人たちから7万円以上の寄付が集まり、修復して元の場所に戻すことができた。


行き交う人たちを見守る

 若き巡査が犠牲になって23日で43年。お地蔵さんは交通安全のシンボルとして、きょうも花壇にたたずみ、街を見守っている。



advertisement

この記事をシェアする

  • テアトルアカデミー
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介
  • 読売旅行 行くばい!よか旅