J2いよいよ開幕! アビスパ福岡が「キックオフフェスタ」で躍進を誓う

 サッカーJ2の2020年シーズンがいよいよ始まります。アビスパ福岡の今季開幕戦は2月23日、ギラヴァンツ北九州とミクニワールドスタジアム北九州(北九州市小倉北区)で激突する福岡ダービーです。開幕を前に、「アビスパ福岡キックオフフェスタ」が福岡市内で行われ、選手やスタッフらが今季の躍進をサポーターたちに誓いました。


広告

「みなさんの期待に応えます!」

 キャナルシティ博多(福岡市博多区)で2月16日に開かれたフェスタの会場は、開始前からサポーターやサッカーファンたちでいっぱいでした。クラブによると、この日は約600人が集まったとのことです。


イベント開始を待つサポーターら

 いよいよイベント開始。選手や監督・コーチら一人ひとりの名前が呼び上げられ、サポーターの前に35人が姿を見せました。最後に登場したのは、今季からチームの指揮を執る長谷部茂利監督です。新監督は「2020シーズンは、みなさんの期待に応えます」と力強く宣言し、「スタジアムに足を運んで、チーム・選手を後押ししてください」と呼びかけました。また、選手たちが参加するゲームなどもあり、会場を盛り上げました。


応援を呼びかける長谷部監督

 イベント終盤には、今季のキャプテンと副キャプテンが発表されました。キャプテンに選ばれたのは、新加入のMF前寛之選手です。前季まで、長谷部監督とともにJ2・水戸ホーリーホックに所属していました。前選手はあいさつで、「自分のできることをやって、J1昇格をしたいです」と意気込みを語りました。最後は、会場全体で博多手一本を行い、イベントを締めくくりました。


意気込みを語る前選手


広告

サポーターから温かいメッセージ


寄せ書きに思いを託すサポーターら

 会場には、アビスパへの思いを寄せ書きに託すブースも設けられました。「J1昇格」「一戦必勝」など、サポーターたちはそれぞれの熱い気持ちを込め、メッセージを書き込んでいました。寄せ書きは、選手たちが戦う試合会場の通路などに掲示されるそうです。



広告

この記事をシェアする

  • 読売新聞 購読の申し込み
  • KODOMO新聞&中高生新聞無料公開中
  • 西部読売育英奨学会 よみいく