「ティラノサウルス展」来場3万人に 福岡市科学館

2022.11.25

3万人目となり、公式ガイドブックが贈られた安藤さん親子(左)

 福岡市中央区の市科学館で開催中の特別展「ティラノサウルス展」(読売新聞社など主催)の来場者数が11月24日、3万人を突破した。

 3万人目となったのは、同市南区のデザイナー安藤真己さん(39)と、保育園児の衣杜(いと)ちゃん(5)の親子で、記念の公式ガイドブックが贈られた。安藤さんは「娘がティラノサウルスが大好きで、ずっと楽しみにしていました」と話していた。

 同展では九州初公開を含む恐竜計11体の全身復元骨格を展示。ティラノサウルスの進化について、最新の研究に基づいた解説で学べる。リアルな動きを再現したロボットもある。

 来年1月9日まで。原則火曜休館。午前9時半~午後6時。一般1300円、高校生900円、4歳~中学生700円。3歳以下は無料。詳細は福岡市科学館公式ホームページへ。


advertisement

この記事をシェアする

  • 季刊誌SQUARE
  • テアトルアカデミー
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介
  • 読売旅行 行くばい!よか旅