ギラヴァンツ北九州が必勝祈願 J2昇格へ健闘を誓う

 サッカーJ3・ギラヴァンツ北九州は2月7日、北九州市門司区の甲宗八幡宮で必勝祈願を行った。24日の今季開幕戦を前に、石田真一社長や増本浩平監督、選手ら約50人が参列し、J2昇格に向けて健闘を誓った。

「昇格プレーオフ圏内」目標


甲宗八幡宮で必勝祈願に臨む選手ら

 ギラヴァンツは昨季、全20チームで最下位に沈んだが、日本フットボールリーグ(JFL)の上位チームがJリーグ入会を承認されていなかったため、かろうじてJ3残留が決まった。今季は「J2昇格プレーオフ圏内(6位以内)」を目標順位に掲げ、巻き返しを図る。

 必勝祈願では、選手やスタッフらがおはらいを受けた後、「J3優勝」「得点王!!」などの抱負を記した絵馬を奉納。増本監督がギラヴァンツカラーの黄色のだるまに目を入れた。

24日にホームで開幕戦

 今季から主将を務めるMF井沢春輝選手(24)は絵馬に「勝!!」と記し、「勝つチームになるためには仲良しクラブではなく、競争や厳しい要求も必要となる。主将としてプレーでチームを引っ張りたい」と意気込みを語った。


必勝を祈願するギラヴァンツ北九州の選手やスタッフら

 増本監督は「開幕戦がすごく楽しみ。結果を出して皆さんが笑顔でいられるようにしたい」と話した。

 開幕戦は24日、ホームのミクニワールドスタジアム北九州(小倉北区)で行われ、SC相模原と対戦する。


advertisement

この記事をシェアする

  • 季刊誌SQUARE
  • テアトルアカデミー
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介
  • 読売旅行 行くばい!よか旅