【宮崎】お笑い芸人が小林をPR 4人を大使に任命

こばやしスペシャルPR大使に就任したイワクラさん(前列中央)ら4人

 宮崎県小林市は、市出身のお笑い芸人・蛙亭のイワクラさん(吉本興業)ら4人を「こばやしスペシャルPR大使」に任命した。イワクラさんは「大好きな小林をみんなで一緒に発信したい」と意気込んでいる。

 イワクラさん以外に就任したのは、イワクラさんの元同居人で、お笑い芸人のオズワルド・伊藤俊介さん(吉本興業)、森本サイダーさん(松竹芸能)、ママタルト・大鶴肥満さん(サンミュージック)。4人はそれぞれテレビ番組で県内の魅力を発信するなどしている。

 スペシャルPR大使は、小林市の魅力を広く伝えようと市が今年度から行っている「ハッシンコバヤシ!!プロジェクト」の一環として創設され、4人が任命第1号となる。市と連携して小林をアピールすることが期待されている。任期は1年間で、無報酬で務める。

 宮崎空港で7月19日に就任式があり、4人に委嘱状や名刺を手渡し、牛肉などの特産品を贈った宮原義久市長は「どこにでも飛んでいって小林の宣伝をしてくれることを期待します」と激励。イワクラさんは報道陣に「小林を離れて改めて良さがわかってきた。市民の皆さんと一緒に頑張りたい」、伊藤さんは「何度も宮崎に足を運び、愛着がわいている。東京の芸人をたくさん連れてきます」と話していた。


advertisement

  • テアトルアカデミー
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介
  • 読売旅行 行くばい!よか旅