【山口】レノファ新監督が会見「仕掛けるサッカー表現」

 サッカーJ2・レノファ山口は12月5日、来季から監督としてチームの指揮を執る志垣良氏(43)の記者会見を山口市の維新みらいふスタジアムで開いた。志垣氏は「攻守においてアクションを仕掛けるサッカーを表現したい」と意気込みを語った。


記者会見に臨む志垣氏

 志垣氏は福岡県出身。高校卒業後はイギリスに渡ってサッカーを学び、マンチェスター・ユナイテッドのサッカースクールコーチなどを務めた。帰国後、ジェフユナイテッド千葉のコーチなどを経験。今季はJ3昇格1年目のFC大阪を指揮し、20チーム中11位に導いた。

 志垣氏は「戦う姿勢や勝ち点3を取る姿勢など、気持ちの面でも相手を上回ることが大事」と強調。「J1という大きな目標があるのは確かだが、まずはしっかりとした土台を作り、確実に勝ち点を積み上げていく」と語った。

 同席した渡部博文社長は「改めてチームの立ち位置を見定め、チーム構築や選手の育成など、中長期的にお願いしたい」と期待を寄せた。


advertisement

  • 季刊誌SQUARE
  • テアトルアカデミー
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介
  • 読売旅行 行くばい!よか旅