海の中道で非日常の宿泊体験を 滞在型レクリエーション拠点が2022年春に開業

海の中道に誕生するレクリエーション拠点のイメージ(画像はすべて三菱地所提供)

記事 INDEX

  • 公園での新しい過ごし方を提案
  • 球体テントやアスレチック施設
  • 「うみなか」をまるごと楽しもう

 福岡市東区の「海の中道海浜公園」に2022年春、新たな滞在型レクリエーション施設が誕生します。球体テントやアスレチック施設などを備え、身近な存在の公園で非日常を体験する「パーク・ツーリズム」を提供します。


advertisement

公園での新しい過ごし方を提案

 海の中道海浜公園は、敷地面積約350ヘクタールの広大な国営公園。四季折々の花が咲き、日帰りレジャーを楽しむ人たちの人気スポットです。

 施設が整備されるのは博多湾に面した約3万2000平方メートル。「マリンワールド海の中道」から見て福岡市街地側に位置し、今はデイキャンプ場があります。


整備されるレクリエーション拠点の位置

 国土交通省九州地方整備局は、公園での新たな過ごし方を創出するため、「Park-PFI」を活用した計画を2019年から進めてきました。選ばれたのは、三菱地所や積水ハウスなどでつくる「海の中道パーク・ツーリズム共同事業体」です。

Park-PFI
 2017年の都市公園法改正で創設された「公募設置管理制度」。公園管理者が民間事業者を選定し、事業者は公園内で運営する飲食店・売店といった施設の収益から園路や広場の整備・改修費などを賄う。管理者側は維持・整備費の負担が減り、使用料収入を得られるなどのメリットがある。


advertisement

球体テントやアスレチック施設

 コンセプトは「海の中道パーク・ツーリズム」。球体テントなど4か所の宿泊棟のほか、浴場棟やバーベキュースペースなどを備えた本格的な滞在型施設になります。


池のそばの球体テントは、夜は幻想的な雰囲気に

 また、高さ17メートルのアスレチックタワーやカヤックなど、現地での滞在時間がより楽しくなる施設も計画されています。


整備される予定のアスレチックタワー

「うみなか」をまるごと楽しもう

 一帯は、博多湾と福岡の中心市街地が望めるロケーションですが、今はデイキャンプ場が閉まる夜間の景観は楽しめません。宿泊施設が完成すれば、静かに流れる時間とともに対岸の夜景を堪能できそうです。

 今回の整備によって宿泊が可能になることで、広大な公園をゆっくりと楽しみ、周辺に足を延ばしてもらう狙いもあるそうです。九州地方整備局の担当者は「より多くの人に公園を楽しんでもらい、これまでにない体験をしてほしい」と話しています。



advertisement

この記事をシェアする

  • テアトルアカデミー
  • 読売旅行 行くばい!よか旅
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介