福岡市科学館に「ぶっとんでる」生き物が大集合

不思議な生き物がいっぱい

 隠れるのが得意な生き物だけではありません。南米などに生息するコバルトヤドクガエルは「熱帯雨林の宝石」とも称される美しさとは裏腹に、10人もの人間を殺せる猛毒を持っています。大きなハサミで顔を隠すようにしているトラフカラッパ、泳ぎが苦手で水槽をふらふら漂うカエルアンコウなど、生き物たちの不思議な進化の過程が見られます。


コバルトヤドクガエルは1匹で10人を殺せる猛毒を持つ


餌となる巻貝を砕く力を持つトラフカラッパ


岩と同化して獲物を捕まえる「カエルアンコウ」は泳ぎが超苦手で、体を斜めにして泳いでいる姿は「ぶさカワすぎ!」と紹介されている

 そのほか、世界最大のカブトムシとして知られる「角が長すぎ」なヘラクレスオオカブト、「目がつぶらすぎ」なアカメカブトトカゲ、食事も子育ても逆さまで行う「逆さますぎ」なエジプシャンルーセットオオコウモリ、「動かなさすぎ」なナマケモノなど、ぶっとんでる生き物たちが集結!
 福岡市科学館の針谷亜希子さんは「変わった姿や生き方を目にして、身近な自然を面白く見てもらうきっかけにしてほしい。ナマケモノが動いているシーンを見るのは大変かも」と話しています。



開催期間 8月25日まで
開催時間 9:30〜18:00(入場は17:30まで)
当日券 一般:800円、中高生:600円、4歳〜小学生:300円
主催 福岡市科学館、FBS福岡放送、読売新聞社

この記事をシェアする

  • テアトルアカデミー
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介
  • 読売旅行 行くばい!よか旅