思わず二度見⁉ 参道を横切るローカル鉄道

参道を分断するように敷かれた平成筑豊鉄道の線路

 福岡県みやこ町の崎山八幡神社は、参道の途中にある二つの鳥居の間を平成筑豊鉄道の田川線が走る。鉄道写真の愛好家「撮り鉄」の撮影スポットにもなっている。


一の鳥居と二の鳥居の間を走る線路

 地元の人の話では、神社は室町時代に建てられ、田川線が明治時代に開通して以降、線路が参道を分断する状態になっているという。そのため鳥居をくぐって参拝することはできず、約400メートル離れた踏切を渡って境内に入る。


鳥居の間の参道を横切る平成筑豊鉄道の車両

 石段を上がっていると、「ガタン、ゴトン」という音が近づいてきた。振り返ると、鳥居と鳥居の間をカラフルな車両が通り過ぎていった。鳥居と鉄道という何とも不思議なその光景に目を奪われた。(撮影:大野博昭 文:高松秀明)


参道に架かる「八幡橋」


線路そばの石灯籠から鳥居を望む


深い緑の中にある崎山八幡神社


広告

この記事をシェアする

  • テアトルアカデミー
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介