【佐賀】腕立て伏せギネス記録! アニメの「孫悟空」に憧れ

顔をゆがめながらギネス世界記録に挑む権藤さん

 佐賀県鳥栖市出身で神奈川県大和市在住の会社員権藤博幸さん(42)が、鳥栖市の商業施設で腕立て伏せのギネス世界記録に挑戦し、新記録を樹立した。

 挑戦したのは、20ポンド(9.07キロ)の重りを背負い、片方の脚を上げたまま1分間で腕立て伏せをする回数。これまでエジプトの男性が2021年に記録した76回が最多だったが、権藤さんは10月29日のチャレンジで90回に成功した。

15歳から「最適」の体格

 アニメ「ドラゴンボール」の主人公・孫悟空に憧れ、小学4年で体を鍛え始めたという権藤さん。鳥栖工高では相撲部に所属し、現在も自宅のトレーニングルームで週6日の筋トレをこなす。「腕立て伏せに最適」という身長1メートル62、体重56キロの体格は、15歳の頃から変わらないという。


ギネス世界記録の認定証を受け取る権藤さん(左)

 14年には、40ポンドの重りを背負って片方の腕だけで1分間に33回の腕立て伏せをし、ギネス世界記録を打ち立てたが、これを破られたことで闘志がわき、今回の挑戦を決意。ギネスの公式認定員が計測する中、大好きな悟空のコスチュームで記録更新に挑み、1回目で成功させた。

 権藤さんは「これまで支えてくれた人たちのおかげ。新記録を達成できてホッとしている。また新しい世界一を見つけたい」と話していた。


advertisement

  • テアトルアカデミー
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介
  • 読売旅行 行くばい!よか旅