【熊本】五木村の大イチョウ色づく 夜間ライトアップも

 熊本県五木村の宮園地区で、県指定天然記念物の大イチョウが見頃を迎えている。夜間(午後9時まで)は11月25日頃まで、ライトアップも行う。


見頃を迎えた宮園地区の大イチョウ


 県内でも最大級の樹高約45メートル、根回りは約14メートルに及ぶ。樹齢500年以上とされ、豊臣秀吉が朝鮮半島に出兵した「文禄・慶長の役」(1592~98年)に従軍した五木の人が記念に持ち帰り、植えたとの言い伝えが残る。

 地面には落ち葉が敷き詰められ、15日には家族連れや観光客が陽光に輝く巨木を見上げたり、写真を撮ったりして楽しんでいた。

 関連記事はこちら↓



advertisement

  • テアトルアカデミー
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介
  • 読売旅行 行くばい!よか旅