空の上から初日の出 スターフライヤーの「初日の出フライト」

機長はパイロット人生のラストフライト

 今年の初日の出フライトは、スターフライヤーにとっても思い出深いものになりました。この日の機長はベテランパイロットの飯塚正彦さん。1月2日に定年を控え、サンライズ便がパイロット人生のラストフライトでした。飛行を終え、北九州空港に着陸した時には乗客から飯塚機長をたたえる拍手が起こりました。


広告

報道陣の取材に応じる飯塚機長

 着陸後、飯塚機長は「天気がよくて、きれいな初日の出が見られた。完璧なフライトだった。自分のラストフライトでもあったし、無事に終えられてよかった。四十数年やってきて非常にいいパイロット人生だった」と感慨深そうに話しました。
 多くの人の思いを乗せた初日の出フライト。スターフライヤーは来年も開催を予定しているそうです。




広告

この記事をシェアする

  • 読売新聞 購読の申し込み
  • KODOMO新聞&中高生新聞無料公開中
  • 西部読売育英奨学会 よみいく