マリンメッセ福岡「タダで貸します」 地元アーティストに夢の舞台を提供

最大1万5000人を収容できる多目的ホール

記事 INDEX

  • 夢のステージに立つチャンス
  • 今年はワンオクなど7組のみ
  • 通常なら1日あたり400万円

 大規模なコンサートの会場などとして利用されるコンベンション施設「マリンメッセ福岡」(福岡市博多区)を、福岡市が地元アーティストに無償で開放します。出演希望者の公募・選考を経て、夢のステージに立てるアーティストが決まります。


広告

音楽、ダンス、伝統芸能なんでもあり


大規模イベントの会場として幅広く利用されているマリンメッセ福岡

 新型コロナウイルスの影響でコンサートの日程が相次いでキャンセルされる中、地元を拠点に活動するアーティストを応援しようと福岡市が企画しました。

 出演できるジャンルは音楽に限らず、ダンスや伝統芸能など、なんでもありです。アーティストの募集を近く始め、11月以降にイベントを開催する予定です。

新型コロナでコンサートは相次ぎ中止

 1995年に開業したマリンメッセの最大収容人数は1万5000人。国内外の有名アーティストのコンサート、スポーツ大会、展示会などで利用されています。


バックステージにはこれまでにコンサートを開いた全アーティストの名が

 今年は1、2月に「ONE OK ROCK」「SixTONES」など計6組のアーティストがコンサートを開催した後、9月まですべての公演がキャンセルに。コロナ禍以降では10月4日に初めて、倖田來未さんがコンサートを開きました。


コロナ禍以降の公演は相次ぎキャンセルに


広告

通常なら1日あたり400万円

 福岡市によると、マリンメッセの基本使用料は土日・祝日の場合で1日あたり約300万円。コンサートでは光熱費や椅子などの備品使用料を含め、総額で1日約400万円が必要になるそうです。


控室が並ぶバックステージ

 マリンメッセの関係者は「コンサートの場合は前日に機材を搬入・設営するので、1日だけの公演でも、会場は2日間おさえる必要があります」と話します。

 福岡は人気アーティストを輩出し続けるエンタメの街でもあります。福岡市コンテンツ振興課の中村大志課長は「年末にマリンメッセが稼働していないことは記憶にありません。夢のステージに立つチャンスなので、多くの地元アーティストの参加を待っています」と呼びかけています。



広告

この記事をシェアする

  • テアトルアカデミー
  • 読売旅行 行くばい!よか旅
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介