イノシシ大捕物が鳥獣戯画 県警は暴走族ポスターで話題【SNS福岡2020前編】

今年、SNSで話題になった須賀川カメラマン

記事 INDEX

  • 警官とイノシシの鳥獣戯画
  • 天神のサル騒動も
  • 福岡県警が攻めたポスター

 世界が新型コロナウイルスと対峙した2020年もあとわずか。「3密」「ステイホーム」「withコロナ」など、毎日のように生まれる新語がメディアを飛び交った1年でもありました。そんな中、編集部は「コロナじゃない」福岡発の四つのニュースに注目しました。今年、SNSをにぎわせた福岡の話題を前後編に分けて振り返ります。

関連記事【SNS福岡2020後編】愛すべき「通りもん」がいて イオン屋上に教習所がある


advertisement

自転車で大濠公園へダッシュ!

 8月5日、イノシシを追いかける警察官の写真がツイッターで拡散しました。

 撮影したのは毎日新聞社の須賀川理カメラマン。白昼の大濠公園(福岡市中央区)で、警察官に追われるイノシシを絶妙のタイミングで捉えた1枚は国宝「鳥獣人物戯画」のワンシーンのようだと話題になり、瞬く間に広がりました。

 毎日新聞福岡本部で須賀川さんに話を聞きました。須賀川さんはこの日、自宅でイノシシ出没の電話を受け、あわてて着替えて自転車で大濠公園へ。公園で報道陣の"群れ"を見つけ、その先にいたイノシシにカメラを向けました。

 「写真が注目されるのはカメラマンとして素直にうれしいですが、今回の反響には驚いています」。予想以上の反響に戸惑いもあったそうです。

天神にサルが出たときも

 須賀川さんは1998年に毎日新聞社入社。東京や北海道などを経て、2019年から福岡本部に勤務しています。

 記憶に新しい12月3日、今度は福岡市最大の繁華街・天神にサルが出没。3日間にわたる大捕物となった現場にも出動しました。「社内にいたんですが、『おまえの出番じゃないの』みたいなプレッシャーを感じまして」と苦笑いします。


advertisement

コロナ禍、読者に伝えたいこと

 毎日新聞きっての動物カメラマンと称されるようになった須賀川さんが、動物写真に興味を持ったのは北海道に勤務していた頃。ヒグマやオオワシなどを撮影するうち、野生動物にひかれたそう。

 そのほかでは、東日本大震災や熊本地震、種子島でのロケットの打ち上げ、スポーツなど数々の現場を経験。「今年はプロ野球の日本シリーズ第5戦があればドームに行く予定でした」

 今は現場に赴くより、現場に指示を出す「デスク」の仕事が中心で、写真部員たちが撮った写真をより多くの読者に届けるのが役目だそう。

 「新型コロナや7月の九州豪雨災害など、社会的なニュースをどうしたら多くの読者に伝えられるだろうか、考え続けた1年でもありました」


この記事をシェアする

  • テアトルアカデミー
  • 読売旅行 行くばい!よか旅
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介