安全を見守る大きな瞳 北九州・平尾台に立つカーブミラー 

 北九州市南部のカルスト台地「平尾台」で、思わず二度見してしまうようなカーブミラーに出会った。



 小倉南区と行橋市を結ぶ県道沿い。鏡の中で、草原に石灰岩が点在する平尾台ならではの景観とともに、道路上のオレンジ色のラインがひときわ存在感を放っている。小倉南署によると、急なカーブが続くため、スピードを落として安全運転を促すために引いているそうだ。


 二つのミラーは、道路を見守る巨大な瞳のよう。野焼きの終わった草原に腰を下ろし、カメラを向けていると、綿のような雲がミラーの上部に重なった。白い眉毛のチャーミングなおばあさんが、ひょっこり現れた気がした。




advertisement

この記事をシェアする

  • テアトルアカデミー
  • 読売旅行 行くばい!よか旅
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介