行き交う車のライトが小倉織のように 夜の若戸大橋を彩る光の帯

小倉織の反物のようにも見える車の光跡

 家路を急いでいるのだろうか。日没後の若戸大橋(北九州市若松区-戸畑区)は、多くの車がせわしく行き交っていた。若松区の高塔山から30秒の露光をかけて撮影すると、縦じま模様で織り上げられる小倉織の反物のようにも見えた。


橋のたもとにある休憩所「旧ごんぞう小屋」で

 2018年に「日本新三大夜景都市」に選ばれ、夜景観光に力を入れる北九州市。若戸大橋も18年の通行無料化を機にライトアップが始まったが、中央部の約120メートルは、船の航路を示す標識灯があるためライトを当てていなかった。


ライトアップされた若戸大橋と市営渡船

 「あかりが途切れている」と残念がる声も多く、市が警察や海上保安庁と安全性を確かめて、1月中旬から光の帯がつながった。


窓に映るライトアップされた若戸大橋

 2021年度中には専門家らの意見をもとに日本新三大夜景都市が更新される。北九州市観光課は「夜景により磨きをかけて認定を維持したい」と意気込んでいる。




advertisement

この記事をシェアする

  • テアトルアカデミー
  • 読売旅行 行くばい!よか旅
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介