頂上へ一直線! 北九州・延命寺臨海公園のピラミッド

15万枚あまりのタイルが敷き詰められた白亜のピラミッド

 15万枚あまりのタイルが敷き詰められてできた"ピラミッド"。どんよりとした厚い雲を背に、少女が高さ5メートルの頂上へ一直線に駆け上がる。その姿は爽快だった。


夕日に照らされたピラミッドを駆け上る

 白亜のピラミッドは関門海峡を間近に臨む北九州市小倉北区の延命寺臨海公園内に昨春できた。


高さ5メートルの三角すい型の構造物

 「インスタ映え」効果と、そばの広場に強い海風が直接当たらないようにする役目もあるという。


関門海峡からの風を受ける少女


 上着をそり代わりにして滑っていた少女は声を弾ませた。「頂上に立って風を受けると気持ちいい!」


そばの広場に吹く海風を和らげる役目も

構造物の奥には小倉北区の工場群が



広告

この記事をシェアする

  • テアトルアカデミー
  • 読売旅行 行くばい!よか旅
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介