ミラーガラスが映し出す空と緑と暮らし 北九州の国際村交流センター

ミラーガラスが周囲の風景を映し出す国際村交流センター

 角度の異なるガラスの壁面に、大空のエリア、住宅街のエリア、緑のエリアがそれぞれ映し出されている。周りの風景が、壁面ごとに区分けして描かれているかのようだ。


一面ガラスの通路越しに空が見える

 北九州市八幡東区の皿倉山の麓にある国際村交流センター。建物を覆う約4000枚のミラーガラスが個性豊かな景観を作り出す。


響ホールの中庭に並ぶミラーガラス(立ち入り許可を得て撮影)

 現・日本製鉄の社宅跡地に1993年に建てられ、ピアニストの辻井伸行さんも演奏した音楽専用ホール「響ホール」などがある。独特の外観から、新車の広告や、タイのテレビドラマの舞台にも使われた。


ミラーガラスに映し出される空や木々

 風に流される雲が、ガラスに刻々と移り行く。気づくと壁面はまた別の表情を見せていた。



advertisement

この記事をシェアする

  • テアトルアカデミー
  • 読売旅行 行くばい!よか旅
  • 読売新聞 購読の申し込み
  • 西部読売育英奨学会 よみいく
  • ささっとーも読める読売新聞オンラインアプリのご紹介