【2020年版】 福岡県内の桜名所ガイド

 桜のシーズン到来。福岡管区気象台は3月21日、福岡市でソメイヨシノが開花したと発表しました。開花は平年より2日早く、3月末ごろ満開になる見通しです。福岡県内の桜の名所を紹介します。※情報は随時更新します。

新型コロナウイルスの感染防止のため、福岡県は飲食をともなう宴会の自粛を呼びかけています。それぞれの施設・公園の対応をご確認ください。




広告

福岡エリア

福岡県と福岡市は、新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、飲食をともなう宴会の自粛を求めています。舞鶴公園や天神中央公園、西公園などが対象です。散策しながら花⾒を楽しむことはできますが、咳エチケットの徹底など、感染拡⼤防⽌の取り組みを求めています。

舞鶴公園(福岡市中央区城内1)

 福岡城跡などに約1000本の桜が咲く。開催を予定していた「福岡城さくらまつり」は中止。桜のライトアップも見送る。


舞鶴公園の桜(2019年3月27日撮影)

西公園(福岡市中央区西公園13)

 福岡県内で唯一「日本さくら名所100選」に選ばれている。ソメイヨシノ、ヨウコウザクラなど約1300本が咲く。花見期間中のライトアップは取りやめる。

南公園・福岡市植物園(福岡市中央区南公園)

 福岡市動植物園があり、家族で桜を楽しめる。園内には約1000本の桜が咲く。開園時間:午前9時~午後5時(入園は午後4時半まで)。月曜休園。入園料:大人 600円、高校生 300円、中学生以下 無料。福岡市植物園の公式サイトはこちら

天神中央公園(福岡市中央区天神1-1)

 福岡市中心部にあり、薬院新川沿いに広がる「さくら広場」には、50本のソメイヨシノやサトザクラ、ヤマザクラによる桜のトンネルができる。開催を予定していた「天神さくらまつり」は中止。有料の花見区画も設けない。

室見川河畔公園(福岡市早良区)

 福岡市早良区の室見川岸にある公園で、桜並木やツツジが植えられ、市民の憩いの場となっている。

大宰府政庁跡(太宰府市観世音寺4-6-1)

 特別史跡「大宰府政庁跡」とその周辺に約100本の桜が咲く。

太宰府市民の森(太宰府市観世音寺709)

 大宰府政庁跡の北側の四王寺山麓に位置する。約300本のソメイヨシノやヤエザクラを楽しめる。

四王寺林道・岩屋城跡(太宰府市観世音寺)

 四王寺林道沿いに約300本が咲き、桜のトンネルに。四王寺山の中腹に岩屋城跡があり、太宰府を一望できる。特別史跡「大野城跡」、戦国武将・高橋紹運の墓などがあり、史跡散策も楽しめる。

甘木公園(朝倉市菩提寺琴平町79)

 公園の中央にあるひょうたん型の池を囲むように、ソメイヨシノなど約4000本が咲く。


広告

筑後エリア

発心公園(久留米市草野町664ー1)

 約170本の桜が咲く。園内には発心三社大権現の社、松尾芭蕉の句碑などがある。

延命公園(大牟田市昭和町223)

 1940年に大牟田市で最初に開設された公園。広さは18.1ヘクタールあり、花見の時期には約900本の桜を楽しめる。

日向神ダム(八女市黒木町大淵)

 ダム湖周囲にソメイヨシノ約1000本が植えられ、桜の名所として花見客でにぎわう。

清水公園(みやま市瀬高町本吉954)

 清水山の中腹に整備された公園に、約1900本の桜が咲く。見晴らしがよく、桜の花びら越しに有明海や雲仙を望める。


広告

筑豊エリア

勝盛公園(飯塚市片島1-7)

 飯塚市街地にあり、約300本のソメイヨシノが咲く桜の名所として知られる。

大将陣公園(飯塚市楽市1)

 大将陣山の一帯に広がり、園内から飯塚市内を一望できる。約2500本のソメイヨシノが咲く。「大将陣桜まつり」は中止。

添田公園(添田町添田1576)

 園内にはソメイヨシノ、ヤエザクラ、ヤマザクラなど約1500本がある。山や谷、渓流など自然を生かした場所もあり、遊歩道が整備されているため、園内を散策しながら花見を楽しめる。夜間のライトアップは実施する。


広告

北九州エリア

北九州市は新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、飲食をともなう宴会の自粛を求めています。ロープ、シートでの場所取りも行わないよう求めています。桜の夜間照明は中止しました。中止する公園:大里公園、勝山公園、足立公園、安部山公園、昭和池公園、佐藤公園、高塔山公園、高見三条さくら公園、皇后崎公園、夜宮公園

小倉城・勝山公園(北九州市小倉北区城内2-1)

 約300本の桜が楽しめる。開催を予定していた「小倉城桜まつり」「小倉城地酒まつり」は中止。

安部山公園(北九州市小倉南区安部山14)

 約400本が咲き、山すそに桜のじゅうたんが広がる。

到津の森公園(北九州市小倉北区上到津4-1-8)

 「ミモザ・サクラフェア」(3月1日~31日)を開催。園内の桜の見どころがわかるマップを配布している。開園:9:00~17:00。火曜休園。入園料:大人800円、中高生400円、4才〜小学生100円。

志井川河畔(北九州市小倉南区)

 地元の住民に親しまれている隠れた桜のスポット。数キロにわたって約300本の桜並木が続く。志井川にかかる橋からが写真の撮影ポイントになっている。


志井川を彩る満開の桜(2019年3月31日撮影)

昭和池公園(小倉南区朽網)

 周囲2.5キロ、面積11.6ヘクタールの池を取り囲むように約1200本の桜が咲く。

白野江植物公園(北九州市門司区白野江2-7)

 福岡県指定天然記念物の白野江のサトザクラやソメイヨシノ、河津桜、ヤマザクラなど。

垣生公園(中間市垣生八ツ廣428)

 約1000本が咲く。「筑前中間さくら祭」は中止。


広告

この記事をシェアする

  • 読売新聞 購読の申し込み
  • KODOMO新聞&中高生新聞無料公開中
  • 西部読売育英奨学会 よみいく